愛の不時着のドラマ情報・感想・評価・動画配信 - 5ページ目

「愛の不時着」に投稿された感想・評価

期待値が高すぎて、沼りはしなかったけど、やっぱり評判通り面白かったし、北朝鮮の生活が見れて興味深かった!
記録
七彩

七彩の感想・評価

5.0
0

このレビューはネタバレを含みます

これだけ流行ったし、やっぱり2020年内に観ておこう...と思い滑り込み鑑賞。結論、めちゃくちゃ面白かった!いいところがたくさんあるので、その中でも良かった点を書いていきます。

まず、セリが北朝鮮の人々やその暮らしぶりなどを絶対に見下さないところが良かった。生まれた時からお金持ちである程度傲慢な性格のお嬢様という設定で、『北朝鮮には何もないから』『貧しい』『可哀想』という言葉を言わせないところに、たとえフィクションでも一線を引くという制作陣の意思が感じられた。暮らしぶりなどは選べないしどうすることも出来ない上に、実際にその生活を営んでいる人がいるわけで、そこへの侮辱が一切にない。リスペクトと配慮が伝わって良い気持ちで鑑賞できた。

そして一貫して描かなかった要素が、このドラマで最も良いポイントになっていたのだけれど、それが『血の繋がりが絆に直結する』という点だった。『血の繋がった人間が最終的に一番信頼できるひと』という形を最初から最後まで描かずにハッピーエンドで終わらせたこのドラマは、多くの人を救ったと思う。実際セリは救われた。セリを陥れたのは実の兄で、セリを救ったのは最初は他人の存在であったジョンヒョクや5中隊の仲間や村の人々だった。また、最初はセリを捨てたけれど、心の底からセリを思っていたのは生みの親ではない母親だった。どんなに血が繋がっていても悪い人はいることと、自分を心から思ってくれる理由に血の繋がりはいらないと証明してくれた。

"血の繋がり"という変えられない事実を重視せずにストーリーを展開させるからこそ、キャラクターに厚みと自立性が増してよりキャラクター同士の内面や関係性が引き立って物語が面白くなる.....ドラマオタクの一番好きな見どころ『関係性』にフォーカスした脚本は大成功だった。

また振り返ってみてみると、このドラマの図はいちいち新しかったと思う。セリが自分で車(しかもゴツめの最新車)を運転して行動するところや、好きな男性のために女性が復讐をするところ、女性同士の純粋な結託など、定番のシュチュエーションを男女逆で演じさせていて目新して良かった。

まだまだたくさん好きなところはあるし、全体的にシリアスとコメディのタイミングが上手くてそれだけでも面白かったけれど、いくつもの要素を入れて展開させていった脚本は素晴らしかった!
zuka

zukaの感想・評価

4.5
0
世間の期待を裏切らない名作である。韓国ドラマは長ったらしくて退屈なイメージが大きいが、本作品は次のストーリーへの伏線が上手く散りばめられており、観るものにワクワクを忘れさせない。

スイスでの出来事と現在を同時並行で進めていき、徐々に接近し、最後に交差する。美しくも儚いストーリー設定である。

リジョンヒョクの手下4人組が好き。彼らのおかげで「韓国と北朝鮮」というチャレンジングなテーマが扱いやすくなっていることは間違いないだろう。一方で、マンボクはストーリーの起点として重要な役割を果たすと同時に、本作品のメッセンジャーとなっている。

ソダンが美しすぎる。この作品以外で活躍する姿を見てみたい。クスンジュンの演技も素晴らしかった。リジョンヒョクとユンセリは言わずもがな。

リジョンヒョクの書いた曲が美しい。透き通るような旋律、無駄に小細工しないシンプルなコード進行、少し切ない展開と小雪を連想させるパラパラとしたタッチ。兄のために書いた曲のはずなのに、この汎用性の高さよ。もはやユンセリの髪の匂い漂ってくるんちゃうか。
梨泰院ロスに続き、不時着やっと見終わった!
8話からどんどん面白くなってきて、良かった
12話のゲームのくだり、村のみんなの感動シーン、誕生日とか凄くて、12話が最高に好き。

ハラハラしながら見たけど、ハッピーエンドで良かった
年に2週間はきついけど、これでいいんだよな。
良かった。 
本棚のサランヘヨはヤバい。
み

みの感想・評価

4.6
0
部下4人が愛おしい。ヒョンビンの目だけで伝わる気持ちがわかるところあって、演技上手だな〜って思った
ninaholic

ninaholicの感想・評価

4.5
0
韓国、韓ドラに全く興味がなかったが
友人の影響で見始めた結果まんまとハマった。
ツッコミどころが多く正直6.7話くらいまで刺さらなかったので観るのを辞めようとまで思ったが観るのを辞めなくて本当に良かった笑
前半を真剣に見ていなかったので、セリとリジョンヒョクが恋に落ちる過程がよく分からなかったが、2週目を観てよく分かったし、2週目の方が泣いた。。
こんなにロスが続くドラマは初めて。
まだ観てない人にはとりあえず6話くらいまで我慢することを強くオススメします。
流行りに若干乗り遅れたけど2020年後半は不時着のおかげで充実しています。
ゆうこ

ゆうこの感想・評価

4.7
0
コロナ禍で在宅が多くなかったら、自身も観なかったかも。

でも、韓流を観たことない人々に声を大にして言いたい…とりあえず、観てみて!と。

とにかく、みんなが魅力的。
北朝鮮のみんなが特に良い。村のご婦人方、第五中隊員もダンのママも。
ユン・セリも強くて可愛い。

顔天才と言われて喜ぶリ・ジョンヒョク。
自分だけ賞を貰えず不機嫌なリ・ジョンヒョク。
すぐ口を尖らせるリ・ジョンヒョク。
ゲームで負けて悔しいリ・ジョンヒョク。

本当に面白くて泣ける良いドラマだった。
jojigamo

jojigamoの感想・評価

-
0

このレビューはネタバレを含みます

『만날 수 있소.』

「愛の不時着」へ漸く着地できた。こんなにも素敵なドラマに出会うまで遠回りしてしまった。ハマる超えて沼った。

韓国ドラマ自体殆ど観たことがなく,最後に観たのは子ども時代に観た天国の階段。それ以来の韓国ドラマだが,こんなにも面白いのか。1時間以上全16話の長編だが,1話には必ずハラハラと笑い,キュン,伏線とその回収が見事に散りばめられ,その見せ方が異様に上手い。5話くらいからの爆発的なストーリー展開,涙無くしては観られない感動ストーリーにはお手上げ。

勿論フィクションだけれど,人と人が思い合い,お互いの幸せを願って自らを犠牲にしてまでも守る。運命なんてものもないのかもしれないけれど,運命がある世の中でも良いのかもしれないと思えるほど,リ・ジョンヒョクとユン・セリ,ダンとク・スンジュンそれぞれの恋愛模様が美しい。
リアルとファンタジーが程よく相まって最高の演出になっている。お互いを想い合うあまり本音を言えずにすれ違うこともあるし,守れるなら自身の命などどうでも良い。本当の愛ってこういうことなのだろうと思ってしまった。

そこまでのことが自分にできるのか,そんな人に出会えるのかと怖ささえ覚えるほどだ。例えそれが恋という感情でなくても,大切だからこそそこまでする北の人々にも泣けてきてしまう。感動の後に笑い,笑いの後にハラハラ,その後のキュン。最後にもキュン。ラストは,織姫と彦星の様にと比喩していた様に,1年で2週間しか会えないとそこまで回収するのもお見事。想い合えば,会える。とても涙腺が保たない。ハッピーエンドでよかった。ヒロインの幸せを願い,ここまで涙を流したドラマは人生でない。

自分は財力の違いは大きいが,性格的にはユン・セリに近い。そんな自分でも運命の人に会うことで,人生が大きく変わることがあるのかもしれない。そう思うと,まだまだこの人生も捨てたものではないのかもしれない。思いっきり泣きたい時はこの作品を。ブームが去った後だけれど,色褪せない作品だと思う。永遠に大切にしたい。
さとし

さとしの感想・評価

-
0
記録