ゴトウカツヒロ

死にたい夜にかぎってのゴトウカツヒロのレビュー・感想・評価

死にたい夜にかぎって(2020年製作のドラマ)
3.0
原作を読んでいたのでどうしても比較してしまった。映像としてある程度感情移入させるためなのはわかるが、キャスト美化しすぎ。アスカが山本舞香もだし、爪切男本人も賀来賢人とは程遠いキモいおっさん。でもま、明らかにめちゃくちゃなアスカが山本舞香に見えるくらい愛してたってことなのかしら。スピンオフの予告で見たけど、童貞捨てた相手の車椅子の女性役が安達祐実っていうのがその美化の極致だよな〜。本来「女子プロレスラー」って描写されてたんだから…。

で、そのスピンオフもツタヤプレミアム?限定配信、いまや常識の見逃しもツタヤプレミアムだけなのはちょっと…っていうのは欲張りになりすぎなのかしら。

アスカは相手に依存するでもなく、何かを求めるでもなく、最初から最後まで自分の世界だけを見ている。だけに、電車で去っていくときに本当に泣いてたか?と疑いの余地があったんだけど、映像化されちゃうと完全に泣いてたことになってしまうよね。メディアミックスって難しいな。短いしまぁ面白いドラマでした。絶妙なバランスで猿顔と美女を行ったり来たりする山本舞香。