ゆちゃん

東京ラブストーリーのゆちゃんのネタバレレビュー・内容・結末

東京ラブストーリー(2020年製作のドラマ)
4.0

このレビューはネタバレを含みます

2話目までみて止まってたのに、最後、二日間で一気見。まず前提として、前の東京ラブストーリーとは別物。今風という言葉がぴったりなくらい風景、描写、セリフ、あらゆるものがリメイクされてます。都会の夜景、東京タワーをバックに繰り広げられるストーリーはキラキラして見えます。夜景みたくなる‼️‼️好きな人と‼️

個人的に終わり方は胸糞悪い。結局最終的に、恋愛って最後の最後は情で踏み止まるものなのかなと思った。どんな言葉を伝えたって、どんだけ当時は気持ちがあったって、普通の感情さえ永遠に続くものではないのだから、勿論、恋愛感情なんてずっと続くわけじゃないもんね、、

なんといってもこの作品は赤名リカ。完治に’東京’と呼ばれるリカは、決して強い女ではないと思う。ただただ、人一倍強がり(特に好きな人には素直になれないなだけ)で、愛情深く芯のある女。完治と彼女は、大切な部分でのタイミングが合わなかっただけだと思います。素直になれない女って辛いな。結局何も言えず、1人で帰って、泣くっていう。あとやっぱり遠距離って難しいのかな〜って。思うよね。

2人の関係の中で言ったほうがいいことと、言わないほうがいいこと、まあ一般的な関係でもあると思ってて、すれ違う2人を見ながら、昔聞いて大切にしてる言葉「嘘はつくな。けど、どこまで言うかは考えろ」この言葉をふっと思い出しました。

今回のストーリーではさとみ、可哀想な役回りすぎる。三上は魅力が全くわからん。完治は真っ直ぐで実直な愛を伝える姿勢、本当に素敵でした。あんたに落ち目はない、タイミングやで。

あと!!ときちゃん!!絶対友達になりたいタイプなので。友達でも、言いことと悪いこと、それを嫌な言い方せずああやって伝えて欲しい❗️友達にしたい人ナンバーワン❗️

フルで見ると、一人一人に思う感情がどばっと溢れて……総じて面白かったです。少々中だるみはするけど、私は好き。