アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋のネタバレ・内容・結末

  • Filmarks
  • 日本ドラマ
  • アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋のネタバレ・内容・結末

アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋2020年製作のドラマ)

公開日:2020年07月16日

製作国:

3.6

あらすじ

「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」に投稿されたネタバレ・内容・結末

原作が好きなので観ましたが、ドラマは普通でした。
原作にないくるみちゃんが出てるのも大人の事情なのかなと思いました。
ただ、田中圭が助かって良かった…そして成田凌くんがめちゃくちゃかっこよかったです。
せっかく病院薬剤師っていう世間に馴染みがあまりないであろう職種にスポットあててるのに、なんだか1話ごとの中に複数の患者のエピソードを詰め込みすぎて全体的に薄い回の方が多かったな…
あと薬剤師が患者さんのプライベートにそこまで踏み込む???って謎シーンが多すぎた。(SNS見てる回は本当引いた)

「病気に大きいも小さいもないですよ」と言っておきながら、前週「治らない人もいる」という台詞を葵に言わせているの、本当理解できなかった…

あと原作にはない瀬野さんの病気展開は必要だったのかな?
治験の話をもっと丁寧に描くのかと思いきや、最終回で全然違う新しいエピソード入れてきて瀬野さん引っ張るのまじでやめてもらっていい?と思ったし、結局何を描きたかったのか分からないドラマだった。残念。
医者主人公のドラマは医者をスーパーヒーローに描くのに、、、、医者悪者だけじゃないと思います!!と叫びたくなる。あと薬剤師の業務越えすぎてないか????ドラマだから現実とかけ離れること、盛って描くことはあると思うけどこれはやりすぎなのかなと思ったりする。最後田中圭復活していい話にまとめようとしてるけどちょっと強引。最近フジテレビどうした?
「そぅ!アイムストゥーピット☺️」が永遠に忘れらない😂
病院薬剤師について仕事内容をよく知れた作品。しかし実際のところこんなに患者にべったり出来るのか?とか、薬剤部みんなで動くシーン(野球とか)は「この時間の仕事は一体誰が?」とやっぱりドラマ感は拭えない。

最後瀬野が非小細胞癌ステージ4の混合癌で余命3か月という、よく知った仲間の死を目前にして葵はどう動くのか、というところが見応えあり。治験薬を使う裏の大変さも勉強になる。でも最終回の"瀬野は死んだよ"感が引きずりすぎて若干ウザい。


中学生の頃から白血病の発症、再発で入退院を繰り返していた女の子が葵に憧れて、大学生になり薬学部の勉強をしにくる流れは少し感動。

葵が昔妹を亡くしたときに側で寄り添ってくれた薬剤師が、瀬野の母親だという展開は素敵だった。その瀬野から教育され、瀬野の命を救った葵。なんて素敵な流れ。

同僚同士が結婚し子供が出来たという展開は薄すぎて必要あったか疑問感があるが、薬剤部の仲の良さ、それと忙しさが伝わってくる面白いドラマだった。
毎回最後にあるアフターストーリー的なやつがよかった。


ただ瀬野さんが生きてたのが本当に謎。葵さんは何の責任をとったの?
全話泣いていました‪( ;ᯅ; )‬
もうめちゃくちゃにハッピーエンドです!
ハッピーエンド最高!!!!!!
病院薬剤師というあまり注目されない役職のお話。恐らくご都合主義の部分もあるのでしょうが、とても興味深く見ました。最後がいきなり将来に飛んだので、少し話数の問題でもあったのでしょうか。
薬の問題は尽きないと思うので、日々気を付けていきたいところだと思いました。
録画していたのを観た。

患者さんへの急に変わる語り口調が途中から観てられなくなった。

第1話が一番好き。

ドラマだなぁ。
オーバードーズの演技がものすごく良かった
>|