iomz

ヒトリシズカのiomzのネタバレレビュー・内容・結末

ヒトリシズカ(2012年製作のドラマ)
4.0

このレビューはネタバレを含みます

静加のまわりで起こる数々の怪事件、果たしてその真相は!?という感じで、なんとなく最初から顛末は予想できるものの、回を追うごとに展開があって面白かった。各回ゲスト主人公みたいな登場人物もキャラが立ってて味のあるキャストで良い。

この話の中で一番頼りになった良い人は最終話に出てくるタツさんで、一番ついてないのは探偵の青木。南無三。タツさんからあとの話はエピローグです。唯ちゃんが道路に飛び出すときに見えた人影でもうエンディングが見えたよね。

Wだけど民法刑事ドラマ風の演出、だけど嫌じゃない感じ。別の管轄、時系列で色々な人死があるためたくさん特捜が出てきて面白いです。テンポが良いという感じは出てないけど退屈だとも感じなかった。強いて言うなら息を呑むような張り詰めた空気感があるともっと良かったかも。