Mrsフロイ

私の家政夫ナギサさんのMrsフロイのレビュー・感想・評価

私の家政夫ナギサさん(2020年製作のドラマ)
2.9
2016年連載の漫画が原作。

家政婦と言えば女性のオバサンとの思い込みがまだまだあるのかと、ちょっとこのドラマの前提にガッカリ。
それが無ければオジサン家政夫の話がドラマにならない。
劇中語られるお母さんのイメージも、昭和の域を出ていないのは何故?
お母さんは料理が上手で片付けも手際良い、子育ても申し分無い。
まだこんな呪文がまかり通っているのか。。

余談
老親の介護に際して、男性ヘルパーさんをお願いしていた時期があった。父の介護で病院の付き添いや外食の世話をお願いした。一人の方はカメラマン、もう一方は旅行の添乗員をされている中年の男性だった、つまりオジサン。社会経験豊かな大人の男性だったので、父は大変満足な様子だった。
でも男性ヘルパーは不利だとの事を彼らが教えてくれた。初めて訪問する家庭で、男性だと分かると家事が出来るのかと不審の目で見られるとの事。国家資格の取得者である彼らは訓練も勉強もしている。

すっかりドラマのレビューからそれてしまった。

もうそろそろ家事は女性のアンペイドワークだとの刷り込みから脱したい、21世紀日本(>_<)

♪テーマソングが素敵