TWR

映像研には手を出すな!のTWRのレビュー・感想・評価

映像研には手を出すな!(2020年製作のドラマ)
1.5
英勉が携わっているということで、多少期待していたのだが、3話まで見てもうこれ以上見れないと思い断念。

ライブやバラエティでの普段の飛鳥ちゃんの活躍を知ってる人にとってみれば、さすがにあの演技の板に付いてなさはあからさますぎるだろう。申し訳ないが、気恥ずかしくて見れない(『初恋』で素晴らしかった、小西桜子さんの演技まで何かパッとしないという…)。

思えば英勉の『ヒロイン失格』や『賭ケグルイ』といった傑作は、桐谷美玲、浜辺美波といった俳優の確かな演技が伴っていた。演出如何によって、非職業俳優、非専業俳優だっていくらでも輝くのは事実なので、慣れない役者の演技ばかりを殊更腐すことはしたくないが、やはり基本的には役者も含めた各スタッフの高い技術の共同があってこそ良い作品は生まれるのだよなあ。