ぐうたらじじぃ

映像研には手を出すな!のぐうたらじじぃのレビュー・感想・評価

映像研には手を出すな!(2020年製作のドラマ)
1.0
アニメが面白かったので観たのだが酷すぎる。
こんなに酷くできるものなのか?
私の中の嫌いなポイントをあげる。

1.ロケーションが残念。
原作までとはいかなくとももう少しどうにかなったのでは?

2.変な部活動の乱立が意味不明過ぎる。
内野部って野球できないではないか?
下水道部ってそもそも入りたいのか?
脚本時点で少なくとも自分が学生なら入りたいと思う部活動にしろよ。
演劇脚本臭いことするな。

3.浅草氏と水崎氏のキャラがアニメ描きたい人ではなく、言い訳ばかりのただのアニヲタに成り下がってて描かないアニメータになってしまって糞野郎で魅力ゼロ。
アニメ版だと要らないこだわりや要らないアイデアや設定の見直しをやっていて、金森氏に止められるって流れだが実写版は何故か金森氏のみがアニメ制作進めようとしててソコが観ててイライラする。
映像研のイントネーションも気になる。

4.妄想の映像化もしょぼい。想像力がアニメより小さくなってしまってるので折角CG化してもこじんまりとしてしまってる。予算のせいだとしてもどうにかできるんちがうかなってトコが目立つ。

5.タイトルコールとかエンディング曲中の映像がダサい。とにかくダサくて、伝わりづらい。

6.つまり作品に対する愛が足りないんだと思います。愛さえあればアレンジやオリジナル脚色、ロケーションも気にならないはず。
愛なく金の為にするとドラゴンボールやこのドラマのような事になるんだと思います。
コレ、カケグルイのロケーションの使い回し感が酷い。

30000円ぐらい貰えないと観たくない作品ではありますが最終回まで我慢して観ようと思います。

追記。#4観ました。
イライラする演出の数々。
暴挙!演出の暴挙!
最悪!
#5観た。
最低の演出。
ふざけんな!
アイドルキャストが悪いんじゃなくて
それ含め良いものを作ろうって気がないんだと思う。
#6観た。
大事で息をのむはずのマチェットの少女。
肝心のアニメがショボショボ。
浅草氏の啖呵を切るシーンが長くて
しかも退屈。
裏工作もヘボい。
代償もヘコ。
描き直すってゆうのも、
今まで引っ張って描かなかったせいで
偏屈で何もできないヤツが
自己中発動させたようで
まったくダメダメ。
全6話構成なので無駄なエピソード入れるスキなんてないはずなのに、
無駄話(その中でも意味不明部活エピソードは絶対必要なかった)だらけで、
肝心なトコは全然だった。
熱血とサクセスの話のはずが変な部活紹介ドラマとなっている。
マジトラウマ級にダメ。
コレいいってゆうヤツは
脳味噌腐ってます。
私はキャストでは判断しないつもりですがこうゆう作品をつくると俳優にも傷になりますよ。