clary

MIU404のclaryのネタバレレビュー・内容・結末

MIU404(2020年製作のドラマ)
4.0

このレビューはネタバレを含みます

野木さん脚本は、社会問題やSNSの抱える世界を描くのがやはり上手い。
そして、希望と絶望が共存する。
だから一回一回が重い。

誰かや何かのスイッチで、
人生救われたり、転んだり。
変われたり、変われなかったり。
間に合ったり、間に合わなかったり。
自発的であれ、偶発的であれ。

元刑事の蒲郡に人生救われた伊吹が「救えなかった」苦しみに対して「できることは何もできなかった」は優しさであり残酷さであり。
あれが一番しんどかったな。。



その他、個別に印象的だった回としてはシンデレラ・ガール。
脚本が秀逸で、これぞ脚本力!