noboru

捨ててよ、安達さん。のnoboruのレビュー・感想・評価

捨ててよ、安達さん。(2020年製作のドラマ)
4.2
すごく良かった!がまず大前提。
なぜそう感じたのかを探るとメタ視線によるフィクションに忍び込ませるリアル感(子役時代から見て読んできた安達祐実の実人生を視聴者が知っている)
特に最終回で遂に明かされた謎の少女の正体。と共にそれこそ当時ゴシップ目線で見てきた安達祐実の母親、と安達祐実という母親の葛藤と矛盾を『へそのお』という母子でしか繋がる事ができないアイテム設定の素晴らしさ
よくこんな入り組んだ構成を破綻させる事なくまとめあげた脚本もまた素晴らしかった