鍋レモン

私の名前への鍋レモンのレビュー・感想・評価

私の名前へ(2019年製作のドラマ)
3.5
⚪あらすじ
16歳の時にユ・ジェハという名前が腕に刻まれてから、その運命の相手を探し… 運命の相手の名前が体に刻まれた世界で生きるチョン・ジウ。 16歳の時にユ・ジェハという名前が腕に刻まれてから、その運命の相手を探して5年がたち彼女は21歳になっていた。

⚪感想
ラブストーリー作品。

10分くらいで観やすかった。

同人誌にありそうな設定。

運命の人が体に刻まれた世界っていう。刻まれる人(ネーム)もいるし刻まれない人(ノーネーム)も。
こうなればノーネームだから運命の出会いを探す人もいるし、ネームがいても自分の好きな人を優先する人もいるんじゃないかなと妄想が捗る。

1話目にして主人公のことが好きそうな先輩がタイプです。



⚪以下ネタバレ



・1話

いきなり性別の誤解なんだけど。女の子普通にイケメンだし、何故か男子トイレから出てきたからしょうがないかな。
しかし、ジウの声完全にナムジャなのだが。

・2話

誤解に誤解を重ねほぼ男だと確信させ、彼女までいると認識させてしまった主人公。完全にジウは無自覚なのとジュハは間が悪いので良き。

多分先輩とジウはくっつかんけど応援したい。

・3話

優しい時間の流れる。

相変わらず男と勘違いしているけど段々好意を持ち始めたジェハ良き。

・4話

気づいている人、気づいてない人が沢山。

主人公の親友ちゃん可愛いし、告白ほのめかしてる男の子好き。

ジュハの先輩はジュハがジウを男だと思っていることに気づいたわけか。

・5話

ジュハはジウが女だと気づいたものの時すでに遅しでジュハが先輩を好きだと誤解される。

先輩どタイプ。一途さ良き。板挟みしんどいけど察しの良さ。ソンベンニム付き合ってください。

⚪鑑賞
GYAO!で鑑賞(字幕)。