n

伊藤くん A to Eのnのネタバレレビュー・内容・結末

伊藤くん A to E(2017年製作のドラマ)
3.8

このレビューはネタバレを含みます

伊藤に振り回され、かっこ悪くても必死に生きてる女達を客観的に分析しているようで、実は自分もそんな女の1人だった。というオチ…なんだけど、最後の終わり方がえ?これで終わり?って感じだった。

伊藤くんが同一人物で、しかも最後まで本人が出てこない所が新感覚で面白かった。

ところどころ今の自分の状況と同じで、刺さるセリフがあって心動かされた。

映画を先に見たのは間違いだったな。
ドラマを見た上で映画を見ると最初から(岡田将生の伊藤で)答え合わせが出来るし、矢崎莉桜の話もちゃんと終わるし、より楽しめたかもしれない。セットで見るべき。

それにしても岡田将生の伊藤がやっぱり1番クレイジーで似合ってた。

手ブレしてるところがどうしても酔ってしまって見るのが辛いカットがあった。

なんで画面を2分割や3分割にしたのか気になった。

クズケン好き、最高。