yusukepacino

華麗なる一族のyusukepacinoのレビュー・感想・評価

華麗なる一族(2021年製作のドラマ)
3.7
名作の4度目の映像化。よっぽどのことがないと外しようがない作品。
どうしても学生の頃に読んだ山崎豊子の原作と何年も前に何度か観た映画版との比較(キムタクのドラマ版はテレビ放送している時に少し観ただけなので比較対象にならず)になってしまうがやはり当時のものを再現するのは無理があったようでそれよりも時代設定を現代にした方がよりリアリティを感じる作りになったかも知れないと思った。

閨閥結婚の何たるか。小が大を食う合併。
有無を言わせない中井貴一の悪い顔が浮かぶ。
こちらでは妻妾同居となっていたが妻妾同衾が重要なテーマの1つだと思うがそれらしい描写はちょい薄めだったかな。

キャストに関しては男性陣は全体的にかなり奮闘していて良かった。
一方で女性陣も悪くはなかったが髪型が似合ってなさ過ぎて浮いていた。それもあってか何だか舞台を観ているようだったかな。松本穂香も福本莉子も好きだがまだ重厚感のあるドラマには役不足感が否めなくこればかりは配役ミスだろうな。
それもあってか向井理のスタイルの良さが目立つ。一体何頭身何だろうか。
万俵大介役の中井貴一はなかなか良かったが彼にはもうちょっと若い頃に万俵鉄平を演って欲しかったなと思ったのは自分だけだろうか。見た目を佐分利信に寄せてきてるのは面白かった。
そんな中でも銀平役の藤ヶ谷太輔や綿貫専務役の六角精児と銭高常務役の甲本雅裕もいい味を出していた。

何やかや書いたが企業の浮沈や人の嫌なところをドラマティックに描いていて面白く観られた。
人々の犠牲なくして大きくならないのか。肥大化しても待っているのは地獄。末路は哀れ。