私たちはどうかしているのネタバレ・内容・結末

「私たちはどうかしている」に投稿されたネタバレ・内容・結末

とても面白かった。
さくらと椿の恋愛模様も良かったし、ドラマの根底にある、事件についての真相も衝撃的な結末で面白かった。
観月ありさの演技が上手すぎて、怖かった、、、
金沢が舞台、キャストが良いという理由で見始めたこのドラマ、和菓子がそこまで好きじゃなかったけれどドラマを見て食べたくなった!
観月ありさ は悪役じゃない!!!!!
ツッコミどころは多いが画面が美しく、毎週楽しみに見ていました
山崎育三郎よ…売れたな…!
画面が割れそうなほど主演の二人は美しいのだけれど、ストーリーが昭和だし気づいたら急に妊娠してたりして展開が意味わからなかった。BGMとしてちょうどよかった笑
伝統ある和菓子屋での複雑な人間関係
お互い憎みあったりしながらも愛しあっている関係ってむしろ壊れにくいのだと思う
椿の七桜にだけ見せる顔 弱い所とか怒った顔がいいなって思った

最初は悪い人に見えて仕方なかった人も最後には性善説感じた
途中はかなりかなりどろどろしていたけれど最後はスッキリでわたしはとても嬉しかった

小さな和菓子1つに深い意味と名前が付けられているのだなと思うと和菓子の世界に足を踏み入れたくなる(食べる方)
序盤は女将が七桜をいじめているジメジメドロドロした雰囲気が原因でイマイチでしたが、4話の城島君の話から少しずつのめりこんでいき、光月庵の血縁関係が5話で明かされてからは一気に引き込まれました。
最終的にはあれほど憎らしかった女将にも愛着が湧きましたね。

結局若旦那が殺された一連のお家騒動はみんな悪いんですよね。
・浮気した若旦那
・名家の娘と結婚するよう強制した大旦那
・嫉妬に狂った女将
・七桜の母を追い込んだ椿
・事件の真相を暴くべく光月庵に偽って潜り込んだ七桜
・若旦那を殺した多喜川さん
誰か一人に事件の責任を押し付けるのではなく、みんなに非がある構図にしたところが、「どうかしている」感があって大変良かったです。

ただ、紆余曲折はありつつも、最後はかなりのハッピーエンドとなっていましたよね。椿は光月庵に戻り、角膜のドナーも見つかり、女将もいなくなり、ついでに城島君と栞さんもいい雰囲気になってたし。
予想に反してハッピーエンド過ぎたので、椿が光月庵を去るか、せめて椿が失明するくらいの方が良かったのではないでしょうか。


全体的にどうかしている作品ではありましたが、主演の浜辺美波と横浜流星、そして和菓子がとても美しかったです。製作協力をした赤坂青野のお菓子はぜひ食べてみたいです。



最後に一つ気になっている点がありまして、最終話の光月庵の跡目対決のシーン。
大旦那が勝者の部屋の襖を開けるのですが、ついつい某格付け番組のシーンと被ってしまって……
滅茶苦茶シリアスなシーンなのに、笑いがこみあげてしまいました。
私だけなんですかね笑
終わった瞬間次回を見たくなるドラマだった。雰囲気はドロドロなドラマって感じだけどドロドロなのは親たちだけで椿と桜はめっちゃめっちゃ純愛してるのがよかった。それにミステリー要素もあって面白かった。和服っていうのもかっこよかったし和菓子は食べたくなるしなんか新鮮でよかった。
最高によかった。
役者のみなさん本当に圧巻の演技でした。
特に涙の流し方、タイミングに震えたね...
そこに演出がマッチして本当によいぃ!!

胸きゅんとサスペンス/ミステリーのバランスもとてもいい。総じていい!!!!

そして和菓子と着物の美しさも素晴らしい。
まさか最終回であの憎き女将に泣かされるとは。

色んなことがありすぎでうっかりスルーするとこだったけど、離婚もしてないのに自分の子供と立場的には愛人になる女を店に招き入れ同じ屋根の下で暮らすとかお父さんもなかなか最低なことしるよなあ。

お祖父様がすべての始まりは自分のせいって言ってたけど、どうしても一緒になりたかったのならかけおちでもなんでもすればよかったのに。

女将だって最初は夢や希望に溢れて嫁いできたのに一度も自分に愛情を向けられることなく、可哀想。

主役のお二人は美しかったです。

私は仕事は真面目だし無駄口もきかず、噂話などしない山口さんが素敵だと思っておりました。
トラック絶対あの距離止まれたよwww
>|