ぼっちザうぉっちゃー

問題のあるレストランのぼっちザうぉっちゃーのネタバレレビュー・内容・結末

問題のあるレストラン(2015年製作のドラマ)
4.0

このレビューはネタバレを含みます

色んな闘う女性を描いている印象の坂元裕二が、真っ正面から女性を取り巻く問題やめんどくさいしがらみをそのまま扱った本作。

今もそうだが当時は本当に声高に女性解放的なことが謳われていた時代だったのであろうことがうかがえる。
なかなかにセンシティブな問題もあったりするがコメディタッチでとても観やすい。そのなかに坂元節の含蓄ある言葉が散りばめられている。

お気にのセリフ
・短所とは、魅力の別名なんです。
・不安は人生を彩るちょっとしたスパイス
・母親は世界一優秀なアマチュア
・海老のビジュアルのベース虫

今作ではたまこ演じる真木よう子の演技が印象深かった。個人的にSPのカッコいいイメージが強かったので、その振り幅がすごかった。どちらにも通ずる芯の強さがとても見応えがあって、ドラマの雰囲気を引っ張っていた。

あと高畑充希のいわゆるぶりっ子キャラみたいなのが眼帯着けるのが個人的にツボで、ただ闇とかメンヘラのアイテムとして使うより圧倒的に魅力的だと感じた。

そういや姉とカップスやってたな。