ジェイコブを守るためのドラマ情報・感想・評価

「ジェイコブを守るため」に投稿された感想・評価

yu

yuの感想・評価

3.5
0
どこまで信じられるか?

面白かった。
とにかく引き込まれた、ストーリーに。
1時間×8本のドラマだったけれど、
次の展開、事件の真相が知りたくなって、
止まらなくなった。
Vee

Veeの感想・評価

3.8
0
暗いし重いし家族が壊れていく様子を見るのしんどいけど続きが気になるしクリエヴァとジェイデンマーテルだったから最後まで見ちゃった
結局心は沈んだままな感じ.....アンディ可愛そう
lion

lionの感想・評価

3.3
0
母ちゃん記憶無いし、事故扱いだし、結局のところ何なの?というドラマ
えむこ

えむこの感想・評価

4.5
0
真犯人が重要ではない家族の話。
疑心暗鬼になってどんどん家族が壊れていくのがつらい。
ローリーのジェイコブがやったんじゃないかと一度疑心暗鬼になったら、疑いが晴れてもまた疑ってしまう気持ち、望んでないのに自分の中で確証を得てしまった時の謎のホッとしてしまう感じ……重みは全然違うけど、浮気と一緒だなと思った。
一度浮気される、嘘をつかれると信じたいのに信じられないのがつらいし、粗を探して、埃が出れば悲しいのにつらいのに、自分の予感が正しかったことにホッとしてしまう。自分から幸せを壊してしまう。そんなローリーに少し共感してしまった。
実際、真犯人はわからないままなのは良いけど、終わり方が消化不良で続き見たいなと思ったけど、でも見て良かったと思う。
中村匡志

中村匡志の感想・評価

3.4
0
丁寧に丁寧に描いている作品である種の絶望感を感じさせる作品だった。
派手ではないけど良質だと思います。
ひろ

ひろの感想・評価

3.2
0
ジェイデンくん目当てで見てみたらクリスエヴァンスがお父さん役だった!

8話しかないのに5〜6話くらいまでかなり退屈。
なんかお金かけて丁寧に撮ってるな〜ってのはわかったけどモヤモヤしたまま終わるのやめて。

メキシコ旅行のホープちゃん事件はタイミング悪すぎ。

ローリーは自殺するかと思ったけどまさかジェイコブも一緒とは思わなかったわ。しかも自分は軽症ってね…

なんだかんだ仲の良い家族に見えて秘密だらけで嫌だなと思いました。

ゲットアウトのお手伝いさんがカッコいい刑事さん役でした!

ってかジェイデンくんがMatt化してるの残念なんですけど〜

このレビューはネタバレを含みます

骨太な内容のしっかりしたドラマ。
殺人容疑にかけられた家族が壊れていく。
多分犯人が分かることが重要ではないんだな。
寺嶋夏希

寺嶋夏希の感想・評価

3.9
0

このレビューはネタバレを含みます

犯人が気になって気になって、、
最後教えて欲しかった泣
TB12

TB12の感想・評価

4.2
0

このレビューはネタバレを含みます

良いねこういう硬派なサスペンスドラマ。
ベストセラー小説のドラマ化とあってストーリーがしっかりしてる。

基本的には暗めだけどギリギリの所でエンタメ性も保ってくれてるから題材とは裏腹に案外見やすいドラマだと思う。

途中まったりしたエピソードもあるものの最終話手前ら辺の展開は見入った。
ただちょっと府に落ちないのは肝心の最終話。

敢えてそういう作りにしたんだろうけど8話もやってモヤモヤ感残して終わるのはズルい。
シーズン2を作る事前提だったとしたらもっとズルい。
リミテッドシリーズだし多分シーズン2なんて無いだろうけど。

基本的には原作に忠実らしいのだがやはり相違点はかなりある模様。

例えばメキシコ旅行の一件もドラマだと行方不明になる女の子は見つかるけど原作だと水死体として発見される。
しかもジェイコブは血のついた水着で部屋に帰ってくる。

それ以外にもジェイコブから殺人遺伝子の存在が認められてたり刑務所に居るビリー(JK・シモンズ)が手下を使ってパッツを殺したとされる裏付けもより明確に描かれてたりする。

なにより大きな違いは最後ジェイコブは原作だとあの車の事故で死ぬと言う事。
ドラマでも一応重傷を負って植物人間みたくなってるけど多分生きてる事は生きてるよね。

これらで分かる通り原作の方がよりジェイコブをサイコパスに描いてるしベン殺しの犯人もジェイコブ確定と言わんばかりに描いている。

それらの要素を敢えてドラマで排除した理由は明白で最後までジェイコブが犯人なのかどうか分からないようにする為。
悪く言っちゃうとドラマを「引っ張る為」の策略だったと言える。

原作を本当に忠実に描いてたら途中でジェイコブが黒ってのは確定しちゃってつまらなくなるし分からなくもないがね。

それらが正解なのか不正解なのかは分からないが人気俳優であるクリエヴァを主役にした"魅せるエンタメドラマ"としてはまあ正解だったのかもしれんね。

とは言えやっぱりもっとスッキリさせる終わり方が良かったよなあ…。
それまではかなり完成度の高いドラマだったからこそ最終話だけ惜しい。

IMDbでも7話は9.2と高スコアを出してるのに最終話は8.1と低くなってるのを見れば分かるけど海外でもやはり最終話に不満を持つ人が多いのかも。

確かに7話はとんでもなく面白くてこれ最後どうなるんだああ!??って興奮したからね。

でも良作に変わりはないと思う。
最後まで飽きずに見れたしクリエヴァはもちろん奥さん役もジェイコブ役のジェイデン・マーテルもめちゃくちゃ良い演技してたし。

ジェイデン・マーテルは将来どんな俳優になるのか凄く楽しみである。

それとクリエヴァの父親役にJK・シモンズが出てくるとは知らなくて出てきた時めっちゃ豪華やん!ってビックリした。
この人は毎回良い演技してくれるわ。

でまあ長くなったけど結局の所このドラマはジェイコブが犯人なのかどうかよりも息子を愛する母と父の構図を(愛し方の違いを)描きたかった内容だったのかなと。

両者とも息子を愛してる事に違いはないが母親は自分が生み出してしまった化け物ジェイコブを止める(殺す)のは自分の使命だと暴走し
父親は自身の暗い過去から自分の家族を壊したくないという気持ちから犯人でっち上げを知りながらもそして妻の暴走も恐らく分かってだろうけども事故だったと保身に走る。

どちらの気持ちも分かるから辛い。
>|