ショータ

それでも、生きてゆくのショータのレビュー・感想・評価

それでも、生きてゆく(2011年製作のドラマ)
4.4
二話の赤いヒナゲシのシーン、震えました。双葉の兄への手紙、語尾が「〜なのです。」聞くたびに胸が痛い。
ありふれた日常生活の一挙手一投足にからその人物の感情や心を描いてるから、本当にこの世界のどこかの話なんじゃないかと思ってしまうくらいリアリティがある。流石、坂元さん。
最終回が最高なのです、雑談こそ愛のなのです。初めて2人の心からの笑顔を見られました。
倉科カナ綺麗だなあ…。
時任三郎さんの佇まいの演技が素晴らしい。