satoshi

呪怨:呪いの家のsatoshiのレビュー・感想・評価

呪怨:呪いの家(2020年製作のドラマ)
4.4
 「呪いの家」を中心として、「呪怨」が伝染し、実在の凄惨な事件を思わせる事件が起こっていく様を描いた作品。ホラーは苦手なんで、オリジナル版は観ていません。

 見終わると、とても気分が悪くなる。何故かというと、凄惨な事件を全く忖度しないで描いているから。4話なんて「ひぐらし」も真っ青のグロで、吐きそうになりました。ただグロいだけならまだいいのですが、凄惨な事件が起こるまでの過程すらしっかりと描いているので、余計に胸糞が悪い。TV越しに報道される実在の凄惨な事件(宮崎勤、神戸児童連続殺傷事件、女子高生コンクリート詰め事件などなど)も伴って、画面の雰囲気は非常に陰惨で、不気味。この点で、本作は平成の実録犯罪史的な側面もあります。

 ホラー表現的には、三宅監督らしく、光の使い方が印象的。ホラー的な緩急を光で演出していて、それも素晴らしい点です。また、時系列もかなりいじってあって、現在の出来事が過去に影響を及ぼしていたり、その逆もあります。この辺も面白い点です。

 巷で言われているミソジニー云々ですけど、確かに女性が酷い目に遭いまくるのですけど、私にはそれが、日本に根強く残っている家父長制や男尊女卑的な視点を誇張して描いた結果、こうなったのだろうと思えました。実在の事件にしても、女性が酷い目に遭うものばかりだったので、この点は意図的だったのかなぁと思います。

 現時点ではいくらでも考察できる余地があって、正直言ってこれで終わりでもいいのですけど、これ、続くんですかね。続きは見たいようで見たくない・・・。