darumaya

呪怨:呪いの家のdarumayaのレビュー・感想・評価

呪怨:呪いの家(2020年製作のドラマ)
3.0
実際にあった殺人事件を、人を怖がらせるための小道具として利用するのは遺族に失礼だと思います。
こういった事件を題材にしてる作品全てを否定するものではないですが
このドラマに関してはあまりに配慮がなく、ストーリーに入れ込んだのも「怖い雰囲気を作る」という演出のためだけのように感じられました。
ニュース映像など悪趣味ですし自分が遺族だったら被害者を怨霊ネタにされるとか最悪です。
性的描写に関しても、どことなく制作者の趣味が入ってる気がしてモヤモヤしました。
作品としてつまらなかったわけではないのですが、人間としてどうか?と思わされるような不快な点が多々ありました。