よっちゃん

ライアー 〜交錯する証言〜のよっちゃんのネタバレレビュー・内容・結末

ライアー 〜交錯する証言〜(2017年製作のドラマ)
3.7

このレビューはネタバレを含みます

なかなか面白い作品だったけれど終始イライラもさせられた。
題材がレイプ物だけに襲われたと主張するローラには薬物履歴があり、レイプはしてないと主張するアンドリューは医者としての地位があり信頼のおける人物だけにどちらが真実を語っているのか悩まされる。

序盤では完全にローラが悪者の展開でローラの執拗なまでの人権侵害にアンドリューが不憫でならない展開、後半から徐々にアンドリューの本性が姿を見せジワリジワリと逆転の展開でローラ+警察vsアンドリューの構図。

アンドリューの緻密な手口と冤罪に苦しむ二役は巧妙と言わざるを得ないほど見事で、本性を表すまで本当に冤罪なのでは?と思わされた😅
終始善人であり被害者に見せる姿は、これこそが悪者に相応しい理想の姿であるのかもしれませんね。

ただ、今作ではローラ側にも感情移入が出来ずストレスが溜まる事が多かった。
ローラ含め姉、元カレがアンドリューの企みを暴く為でも犯罪行為をしているんだよねー

・SNSで誹謗中傷
・自宅に不法侵入
・アンドリューを拉致、監禁
・元カレの警官もアンドリューを脅迫

等々、事情はどうあれやってる事は犯罪でありアンドリューと変わらない、正しい事でアンドリューを追い詰めるのなら共感もし感情移入出来たが残念ながら警官や刑事も違法行為をしたり同類にしか見えなかったし、悪人を逮捕するのなら犯罪スレスレ位で収めないと行いに正当性がないし、やった側は悪いやり返した側は悪くないの展開はいかがなものか?

ラストはなかなかスッキリせずモヤモヤが残る終わり方だが、状況が右往左往する展開は楽しむ事は出来ました。

ただ、最後まで父親を信じていた息子が不憫でならない😥