あぶ

隣の家族は青く見えるのあぶのレビュー・感想・評価

隣の家族は青く見える(2018年製作のドラマ)
3.6
コーポラティブハウス?が舞台であることによって、多様性が直にぶつかり合い、メッセージ性が強化されてた。(個人的には強すぎた...)
公的制度に対する意見とか、行政文書による多様性の認定とか。現代的なドラマ。