ultramarine

アンナチュラルのultramarineのレビュー・感想・評価

アンナチュラル(2018年製作のドラマ)
3.4
迷宮入りとなりつつある死因の解明に、UDIラボの関係者の抱える様々な背景とが心情面で複雑に入り組み、問題が解決されていきます。しかしそれは必ずしも幸せなことだけではなく、見終わった時に強烈な切なさを感じ、lemonが涙腺をさらに刺激します。人の死の裏側にあるものを究明してその人の真の姿を浮かび上がらせるものの、その人そのものはよみがえってこない、それでもポジティブに究明をしていく登場人物の姿にしばし涙を誘われました。よい作品です。