ミカヅキ

アンナチュラルのミカヅキのレビュー・感想・評価

アンナチュラル(2018年製作のドラマ)
4.5
当て書きなのに、いい意味で石原さとみさんの「主演感」のようなものがなく、UDIラボのみならず家族、警察、検察も含め個性豊かな面々の群像劇、会話劇であり成長物語でした。

それでもミコトの、家族との時間や東海林達とのやりとりから、芯の強さや思慮の深さが伝わり、間違いなく石原さとみさんの代表作になると感じました。

法医学をベースにした謎解きとしても観応えがあり、人間らしさというか一人一人の心情や背景が丁寧に描かれていて、作り手に愛されているドラマだと思います。