さんぽ

アンナチュラルのさんぽのレビュー・感想・評価

アンナチュラル(2018年製作のドラマ)
4.3
アンナチュラル=不自然な死に立ち向かう女性法医学者の話

脚本は、逃げ恥/空飛ぶ広報室などで知られる野木先生。

1話完結的に進む話だが、毎話毎にテーマが存在する。
オリジナル脚本にしてここまでの展開の緻密さ、質の高さを保った脚本は素晴らしい。

抜けのないミステリー、
事件の背景に潜む個人の感情の機微、
社会を覆う暗い影、
そして、野木さんならではの"女性"の描き方。
どれを取っても見どころたっぷりな
素晴らしい作品。

個人的には、泉澤祐希が出演している回のラストが印象的で忘れられない。

主題歌 米津玄師のLemonの切なさも、ドラマとマッチしていて、自然と世界観に引き込まれる。胸がキュッとなる。
そんな場面の多い作品。

脚本 演出 キャスト…
とにかく質の高いドラマです。