りりー

アンナチュラルのりりーのレビュー・感想・評価

アンナチュラル(2018年製作のドラマ)
5.0
これは今さら鑑賞…笑
期待を超えてくる素晴らしいドラマでした!
特に印象に残ったところのメモ↓

#1 コロナ禍の今だからこそ、すごくリアルに感じられた。
これを2018年に作ってるって、もはや予言レベルでは…?笑

#5 結末が衝撃的だった。
復讐を止めようとしたミコトと、止めなかった中堂さん。どちらも人間として当たり前の感情に基づいた行動なんだよね。
残酷なのに、雪が舞ってる風景が美しすぎた。
そして主題歌がかかるタイミングがもう…神がかってる。

#7 全体を見たときに、この回だけ浮いてる気がする。
このドラマで唯一引っかかったところ。
学園ドラマで10話かけて描くような題材を1話で描いたがために、浅いところしかすくえてない感が…。
わざわざ高校を舞台にしなくてもよかったような気がするけど、相当いじめと自殺の問題を取り上げたかったのかなーと理解してる。

あとは加害者の子たちの背景描写が不十分なのも気になったポイントかな。7話は特に。
…と思ったら、MIU404のウィキペディアに「『アンナチュラル』では設定上切り捨ててしまった事件の加害者側の声を、機動捜査隊の主人公たちが拾うという自作への批評的な面があった」との野木さんのコメントを見つけて、
結局野木さんってすごいな、っていう結論に落ち着くという笑