TakashiM

アンナチュラルのTakashiMのレビュー・感想・評価

アンナチュラル(2018年製作のドラマ)
4.0
野木亜紀子ドラマシリーズ!4発目!

遺体から死因に迫り、事件を解決する法医学という世界。
細胞一粒も見逃さず、そこから仮説を繋げて真実に結びつける!
どこまでほんとかわからんけども、こういったロジックの積み重ねでリアル感を出してくれる色が、ほんとに大好物。パズルがカチカチと気持ちよくハマる感覚。

とはいえ今まで観た中では、一番野木亜紀子っぽくなかったかも。
主役だけじゃなく、助役にもスポットがあたるシーンがある、というパターンが自分の中では「野木亜紀子モノ」だったので。。

石原さとみのスポットライト照射時間が強いね。できればもっと他のキャラが主役になる回がほしかったか!松重豊さんで1話分くらいいけそうなのにな。
石原さとみが5割、井浦新と窪田正孝でそれぞれ2割ずつ、Lemonで0.5割、あとその他って感じ!