アンナチュラルのドラマ情報・感想・評価・動画配信

「アンナチュラル」に投稿された感想・評価

tokutoku

tokutokuの感想・評価

4.2
0

このレビューはネタバレを含みます

野木亜紀子がすごい。

他の野木亜紀子脚本作品は、ほんわかした物が多いので、ここまで鋭い内容だとは虚を衝かれた。

しかも、

人の生死を題材とした作品なので、当たり前に、作中で生死に意味を見出させてエンドロールを迎えるものだと思っていた。

それが無かった(と私は解釈した。)

ただ、死者の死の真相をしらなければ、正者は前に進めず、そこで時間が止まったままとなる。

中道系はその象徴。

逆に、三澄ミコトは幼かったゆえある意味バランスの取れたメンタルを持ち、佐野可奈子は一度は時間が止まったが子供達の生活のため無理やり前を向こうとして、町田三郎の父母は息子を勘当しており彼らの時間は止まっていないものと思われる。

神倉保夫の言葉に、野木亜紀子の死生観がうかがえる。

「故人はたまたま亡くなった。我々はたまたま生きている。」

人の生死に意味など無い。

残された生者が前に進むため(つまり、未来のため)死者の真相を解明する必要がある。

それが法医学なのか。
ぷりん

ぷりんの感想・評価

4.8
0
改めて見返すまで主題歌がLemonだったことも、脚本が野木さんだったことも忘れてた。
中堂さん、かっこいいんだよな〜。ここ痺れた。
「人なんてどいつもこいつも切り開いて皮を剥げばただの肉の塊だ。死ねばわかる。」

近年稀に見る名作だと思う。
しわす

しわすの感想・評価

5.0
0
素晴らしいドラマです、ぜひ見て欲しい
るるる

るるるの感想・評価

-
0
記録
Lil

Lilの感想・評価

5.0
0
記録
KOKSTARWARS

KOKSTARWARSの感想・評価

4.4
0

このレビューはネタバレを含みます

法医学という世間には一般的には知られていない分野でここまで、面白くなるのかと驚愕したり、感動したりしました。
やはり井浦新さんが演じる中堂のバックグラウンドや亡くした彼女に対する憎しみもひしひしと回を重ねる毎に明らかになっていくことが良い脚本だなと感じました。
この脚本を書いている方は、野田亜希子さんで、この方はMIU404等滅茶苦茶有名で自分が好きなようなテイストを出してくれるので、とても好きな脚本のかたです。
この主人公は石原さとみさんが演じる三澄ミコトは、元の親は一家練炭心中を起こしたが、ミコトはその事に気づき、免れた経験がある。子供の頃から、とても悲しい経歴があることが分かる。
そして、窪田正孝演じる六郎はでUDIでバイトをしながら、マスコミのライターをしていたが、この2つを持っていることで後々後悔することになる。
また、一話完結なので、とても観やすいと感じました。また名言も沢山あるのですが、自分が一番好きなのは、男女でも皮を剥いだら皆同じ人間になる。
これは井浦さんが言った言葉です。
男女で文句を言う人に言った言葉であり、誰にでも言えることだと思います。
また、いつ人が死ぬかも分からないそれが身近にいる人だった場合、大切にしなければならないと感じさせるような良い経験をさせていただきました。
最後の犯人も普通そうな見た目ですが、ある人物と共闘することでこんな犯人もいるんだなとそして法も通用するんだなと感じました。
みずき

みずきの感想・評価

4.0
0
法医学素晴らしい。
愛里

愛里の感想・評価

5.0
0
主演の石原さとみさんが大好きになりました😭
人生ベスト5には暫定で入るドラマ!法医学という人の死を扱う内容でとても繊細にメッセージ性も強く描かれてる。
役者さんたちがいきいきしてるのが伝わる撮り方をしてるし、あまりにもナチュラルで本当にUDIが実在してる様な錯覚を起こしました。
絶望してる暇があったらうまいもん食って寝るかな。って言えるミコトが好き。
徐々にミコトと協力体制になってくる中堂さんにもめちゃくちゃ泣かされました🥲
あまりにも10話がかっちり完成しすぎてて続編は要らないのではと思う反面、スペシャルドラマみたいな感じでその後のストーリーもやってほしい…あわよくば…
キノッチ

キノッチの感想・評価

3.5
0
オモロかった
雫

雫の感想・評価

4.5
0
地上波放送当時見てました。毎話面白かった思い出。
ミコトと東海林さんのペア好きだし、中堂さんはちょっと乱暴だけどカッコよくて、たまにあるデレにキュンとしてました(笑)
>|