親バカ青春白書のネタバレ・内容・結末

「親バカ青春白書」に投稿されたネタバレ・内容・結末

ムロツヨシがおもしろかっこいい
最初はギャグについていけなくて、意味がわからなかったけど、後になっていい意味でギャグが薄れて面白くなりました!最終回がなんだか消化不良…コロナだから仕方ないけど最後まできちんとした形でみたかった…
永野芽郁ちゃん目当てで鑑賞。
芽郁ちゃんの白目をまた見れたの嬉しい!笑
朝ドラで一緒だった清野菜名ちゃんと共演したことも嬉しかった!
めちゃめちゃ面白いってほどでは無かったけど、クスッと笑えるシーンがいくつかあった。
せっかく大学に入ったんだからバイト先と家ばかりではなく、大学内での出来事を見せて欲しかった。最後の「ずっと好きな人がいる」という言葉は良かった。アドリブっぽい部分、BGMが消えて、笑わせよう!面白いシーンにしよう!という監督の気持ちが表れている場面は全部嫌い。話数が増せば増す程、畠山が気持ち悪かった。
大学にまだコロナの影響で一度も通えていない身からすると、本当に羨ましいに尽きる学生生活でした。! ガッキーの可愛さに撃沈です (;;)❤︎
かるーく見るのにちょうど良い。
設定が荒唐無稽だけど、ムロツヨシの演技のせいか、ありそう…と思ってしまうのがなんとも言えない。
二人ぶんの学費に、通学+連載ってスゴいなと思ってたら、後半で打ちきりになると言う…(笑)
そうだよねー、仕事に身が入らなくなるよねー試験もレポートもあるしー。
こういうチョコチョコ現実的な面を入れてくるのが良い。
福田さんらしさがつまったドラマだったと1話から思う。
毎回福田さんのドラマや映画を観るたびに、オープニングが素敵だなと実感する。
明烏も今回も、勇者ヨシヒコも、、、オープニングがとても好み。
父、賀太郎(ムロツヨシ)が、大好きな娘さくら(永野芽郁)と同じ大学に通うストーリー。大学でさくらは畠山(中川大志)と恋人同士になり、その恋路を賀太郎が邪魔したり、最終回では賀太郎の事が好きなさくらの友達美咲(小野花梨)が賀太郎に好意を寄せてるのを悟ったさくらが邪魔したりと、結局は美咲は賀太郎にずっと好きな人(妻の幸子(新垣結衣))がいると振られてしまうんだけども。ラスト賀太郎の家で皆仲良く進級祝い🙌その他にもキャスト…友達の寛子(今田美桜)、ねごろ(戸塚純貴)
ゆるーく何も考えずに観られるドラマ😌
今田美桜ちゃん目的で観たけど、普通に面白かった😂最後のガタローとみさきの恋愛模様いらない気がしたけど…笑
個人的には中川大志くんと永野芽郁ちゃんの初キスシーン観たかったな🥺
大学生活の小さな悩みとかくだらない遊びとか、自分が大学の頃を思い出せて懐かしくなった✨ガタローがめちゃくちゃ良い人なのはわかるけど、どう考えても自分の親と大学生活を送るのは嫌すぎる😅そこは全く感情移入できず…。
ガッキーも大々的に出演するかと思いきや、毎話1分くらいしか出てなくて必要だったのかな?視聴率確保のためかな?ってちょっと思った😳
それは置いといて…それぞれのキャラが際だって楽しめた💕
ただただ癒されてくすっと笑えるドラマ。メンバーみんなよいキャラ🙆‍♀️ながのめいちゃんかわいすぎる!同級生たちは結構ガタローのこと強くいじるけど、どんだけいじられてもさくらはパパのことそこまで言わないとこも、良い娘感つよまってよい💯妻を想うのはもちろんわかるけど、ガタローとみさきちょっとくっついて欲しかった。笑
7話で終わった(多分コロナ関係)のざんねん〜最終話が最終話っぽくなかった。まだまだゆるーっと観たかった!
>|