6960

コンフィデンスマンJPの6960のレビュー・感想・評価

コンフィデンスマンJP(2018年製作のドラマ)
3.6
「伏線無い系どんでん返し」

長澤まさみ主演の詐欺ドラマ。
一応どんでん返しの様相を保っているが、伏線と呼べるものがあまり見受けられないのと、主人公が最終的に勝つことが分かっているため、多分どんでん返し系ではない。
でも面白い。
「俺TUEEEE」系の作品と似たような楽しみ方かな?
話のオチまでの過程と、演者さん達の演技を楽しむエンタメ感。
特に長澤まさみは演技上手いなぁと感心。
東出昌大は人の良い演技は棒読み感あって微妙だけど、金を騙し取って勝ち誇っている時はいい顔してる。

ストーリーの構成や設定、音楽の使い方や、騙された側が最後にちょっと救われるようなオチが、リーガル・ハイと似てるなぁ、と思っていたら案の定同じ脚本家さんだった。
話に深みは一切ないけど、何にも考えず脳死状態で見るにはピカイチのドラマでした。