しょうへい

バイプレイヤーズ 〜もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら〜のしょうへいのネタバレレビュー・内容・結末

4.3

このレビューはネタバレを含みます

映画で存在知って、シーズン3始まったからシーズン1、2を一気見。ドラマでありながら俳優さん達の世界の裏側を垣間見れるような面白さがある。

シーズン2の撮影中に大杉蓮さんが亡くなったのを初めて知った。大杉さんの未撮影部分はあったけど、ドラマは脚本を変えて最後まで撮り、放送したらしい。

最終話は大杉漣追悼回とでも言うべき一時間だった。大杉漣の死をなかったもののようにするのではなく、彼を偲びながら、進んでいく。
一方でリアルタイムで見ていたら、本当に大杉漣は死んだのかわからなくなるくらいだろうとも思う。

このドラマは本人たちが本人役で出演する形をとっているのもあって、余計悲しくなる。ドラマの外のドラマを想像させる。他のドラマだとこうはならなかっただろう。

シーズン3、映画どちらも楽しみながら観ようと思います。