バイプレイヤーズ 〜もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら〜のネタバレ・内容・結末

  • Filmarks
  • 日本ドラマ
  • バイプレイヤーズ 〜もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら〜のネタバレ・内容・結末

「バイプレイヤーズ 〜もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら〜」に投稿されたネタバレ・内容・結末

まさかの枕投げに泣かされるとは、、、
最終話 入り方も「うぉ!」だし
しかも最後の最後VIPな登場にビックリ
しかしコメディなのに『死』の付く台詞に敏感になる今。
しかし遠藤さんと松重さんの「え?」の芝居練習 涙流して笑ってしまった もう最高。
映画で存在知って、シーズン3始まったからシーズン1、2を一気見。ドラマでありながら俳優さん達の世界の裏側を垣間見れるような面白さがある。

シーズン2の撮影中に大杉蓮さんが亡くなったのを初めて知った。大杉さんの未撮影部分はあったけど、ドラマは脚本を変えて最後まで撮り、放送したらしい。

最終話は大杉漣追悼回とでも言うべき一時間だった。大杉漣の死をなかったもののようにするのではなく、彼を偲びながら、進んでいく。
一方でリアルタイムで見ていたら、本当に大杉漣は死んだのかわからなくなるくらいだろうとも思う。

このドラマは本人たちが本人役で出演する形をとっているのもあって、余計悲しくなる。ドラマの外のドラマを想像させる。他のドラマだとこうはならなかっただろう。

シーズン3、映画どちらも楽しみながら観ようと思います。
究極キャラ萌えドラマ。
ストーリーなんてどうでもよくて、おじさんたちが可愛ければなんでもいい!

主役級の人たちが脇役なのもよかった
ひたすら好き。
竹原ピストルのエンディングが良かった。

最終話の池松くんのセリフは忘れられない位ズーンときた。(ひたすら良かった。今の池松くんが言うからかセリフとは思えなかった)
【脇役な主役たち】
視聴日《2017年6月25日~26日》
「中国の動画配信サイト “友中”が『七人の侍』のリメイク版を制作する。待遇もギャラも破格な大型プロジェクトである。主要キャストとして出演して欲しい」と6人にオファーがきた。同社のアシスタントプロデューサーを名乗るジャスミンによれば
「監督は中国映画界の巨匠・張芸謀監督」
「もう一人、役所広司の出演を予定しているが、他の仕事があるため本作品には後から合流する」という。また、「クランクインするまで、絆を深めるためにシェアハウスで3か月間共同生活を送ること」を出演条件として提示される。当初は戸惑うが、俳優間では絶大な信頼と尊敬を寄せられる役所の名前を出されたこともあり、6人は条件を受け入れ、大杉が所有する館山の別荘で共同生活をスタートさせた。
ーーーーーーーーーーーーーーーーー

【内容について】
豪華も豪華な作品で、面白かった。
ドラマなんだけどお芝居じゃなくドキュメントのような、アドリブもあって凄いドラマです
一話一話が内容が良く見応えがあって、一話の出演者は少ないものの、バイプレーヤーズ主演の6人以外のゲスト出演者も豪華で、多くの出演者が居なくても、これだけ見応えがあり、面白くなってるのは主演の6人の存在感があるからなんだと思います。
本編後のトークも和やかな雰囲気が感じられて、本編だけじゃない所も楽しめました。

【音楽について】
OPは恐らくレザボアドッグスのオマージュのような雰囲気から、10-FEETの「ヒトリセカイ」勢いのあるOP良かったです。
EDである「Forever Young」も良かった。竹原ピストルが大好きなのもありますが、曲調が作品の雰囲気に合ってました。
2話
最後のバイプレトークの館山の話笑った

おじさんばっかり出てるのにらき☆すたとかけいおん!と同じ匂いがするのはなぜ
おじさんばっかりキャスティングするセンス、やっぱアニメばっかり放送してるテレ東くんにしかできないんだな〜って

6人いるしキャラバラバラだしアニメに例えるとおそ松さんかな?と思ってたらむしろこれはらき☆すたって感じでした(???)


百合アニメ(?)に恋愛要素入れるな!派だったんだけど今回のバイプレイヤーズは許せたし(?)映画のためにスキャンダルを隠す光石さんに痺れる

3話
白衣の光石さん可愛すぎん?あとボンレスハムの話笑った

部屋着、田口さんがパジャマ着てるのに寺島さんはジャージ上下着てるのも可愛い

4話
清水富美加ちゃんの押忍!とか〜っす!みたいな話し方がけいおん!のあずにゃんとからき☆すたのゆたかちゃんを彷彿とさせるし最後の変態!って寺島さんが言うシーン、女子校のノリみたいだった(?)


30代後半から50代前半でバイプレイヤーズやってほしい。長谷川博己と佐々木蔵之介と高橋一生を出してほしい

4話
バンド×萌え=けいおん! 吹奏楽×萌え=響けユーフォニアム バイク×萌え=ばくおん 演劇×萌え=バイプレイヤーズ って感じだった

バイプレイヤーズっていうより「ばい☆ぷれいや〜ず!」って感じだ

アニメみたいなキャラの立ち方

5話
6人が出てくるとこばちばちにかっこよかった〜〜 おじさんは若造ができないことをやってのけるそこに痺れるあこがれるって感じだった〜〜初めて男らしく感じた...バイプレメンバーもってけセーラー服踊ってとか言ってたらそれっぽいシーンあって草

最後不穏な感じなの悲しい フラフープのシーンで5人が陰口言ってるの笑う

田口さんが鬼屋敷監督に語りかけるシーン思わず心の中でばぶ、、って言った 餃子食べるのスタンプああいう風に使うんだ 「ゲイじゃないよ!」って言ったシーン心の中で百合だもんね!って言った エンケンさんと田口さんのコンビ好きシャボン玉で遊ぶおじさんをもっと見せろ

謎のサッカーシーン(サービスシーン)
光石さんの手を引く寺島さんマジお兄ちゃん。
最後の資料見るシーンほっこりする