バイプレイヤーズ 〜もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら〜のドラマ情報・感想・評価・動画配信

  • Filmarks
  • 日本ドラマ
  • バイプレイヤーズ 〜もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら〜の情報・感想・評価・動画配信

「バイプレイヤーズ 〜もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら〜」に投稿された感想・評価

ス

スの感想・評価

-
0
greenroom1009

greenroom1009の感想・評価

3.8
0
TV
natsumi

natsumiの感想・評価

3.8
0
渋めのおじさん好きな私にとても合ってるドラマだった。
私生活を覗いているようで面白い。
大杉漣さん、中心的な役柄だったんですね。
2も観たくなった。
イスケ

イスケの感想・評価

3.6
0
オジサンたちのじゃれ合いを観て、こんなにも幸せな気持ちになれることが尊い。

ジャスミンの北香那さんは本作で初めて知ったんだけど、本当の中国人かハーフだと思ってたよ。うまいなぁ。

松重さんに一票!
シリーズ一作目。
おっさんバイプレ6人のテラスハウス。
10年前に失敗した『バイプレイヤーズ』という、曰く付きの映画をまた撮ろうというところから始まる、ちょっとミステリーな顛末。
ワニ顔遠藤憲一、ディスターバー大杉漣、変態ゲルゲーション田口トモロヲ、永遠の悪役寺島進、孤独のグルメおじさん松重豊、ちょいダサ博多っ子光石研、そしてジャスミン。
それぞれ個性の強い6人のおじさんが、時に疑いぶつかり、時に励まし合って絆を深めながら、グダグダと一緒に暮らしていく。
毎話のゲストも豪華でそれだけでも見応えがある。
推しは光石さんと決めていたけど、やっぱりみんな好き。
イチオシ回は7話の寺島さんの葛藤かな。
大杉漣さんの最終話の夢も、なんだか現実とリンクしてしまって…(涙)
ジャスミンも大物役者の中でよく頑張っていた。
パイプレイヤーとして全力で役に向き合う姿勢とてもカッコよかったです。
発想は面白かった!
思っていた内容と違った
EDDIE

EDDIEの感想・評価

4.5
0
日本が誇る名バイプレイヤーたちがシェアハウスで共同生活!?ふんわりとしたミステリー要素を絡めながらも各出演者のメインキャスト回のお気に入りエピソードを探そう!

4/9に劇場版『バイプレイヤーズ もしも100人の名脇役が映画を作ったら』が公開されます。
前から気になっていた作品ながら試聴の機を逃してしまっていました。
今回の劇場公開を機に観れる範囲で観ていこうと追いかけています。

劇場版はシーズン3の『バイプレイヤーズ〜名脇役の森の100日間〜』が直結しているようですが…とりあえず世界観を把握しようとシーズン1と2を観ていきます。

亡き大杉漣をリーダーに、松重豊、光石研、田口トモロヲ、遠藤憲一、寺島進らの名バイプレイヤーたちがシェアハウスで共同生活します。もうこの企画発想だけで十分面白いです。
大杉漣さんが画面に映るだけでほんのり涙が浮かんできます。
それぞれが個性的だからこそ光るバイプレイヤーたち。

リアルとフィクションの間を絶妙に進行する物語。毎回ほんのり笑わせられながら、一つ一つのエピソードがほっこりさせられ涙を誘われます。本当に素晴らしい企画ドラマ。
個人的なお気に入りは光石研メイン回第3話「バイプレイヤーとスキャンダル」と寺島進メイン回第6話「バイプレイヤーと悪役」です。
3話は山口紗弥加や数話スポット的に登場する滝藤賢一がツボ。滝藤賢一大好きなんですよね。
6話は悪役を演じる寺島進とそれに憧れるファンの子供たちのエピソード。ラストの展開は涙必至。このエピソードは何度でも観たくなるほどお気に入りになりました。

エンディング曲の竹原ピストル「Forever Young」も哀愁漂う素晴らしい曲で、聴き心地が良すぎて毎話飛ばすことなくちゃんと聴いてしまいます。

さて、この勢いで全5話構成のシーズン2も観ていきます!
ば

ばの感想・評価

3.0
0
やっぱ6人メインでのバイプレイヤーズだよね
EDの竹原ピストルが良すぎる
がい

がいの感想・評価

4.0
0

このレビューはネタバレを含みます

まさかの枕投げに泣かされるとは、、、
最終話 入り方も「うぉ!」だし
しかも最後の最後VIPな登場にビックリ
しかしコメディなのに『死』の付く台詞に敏感になる今。
しかし遠藤さんと松重さんの「え?」の芝居練習 涙流して笑ってしまった もう最高。
mitsu

mitsuの感想・評価

4.0
0
📝
>|