ウルトラマンZのドラマ情報・感想・評価・動画配信

「ウルトラマンZ」に投稿された感想・評価

Danking

Dankingの感想・評価

5.0
0
完璧
Santamarrian

Santamarrianの感想・評価

3.0
0
待ってたよ、エース
レオ

レオの感想・評価

4.9
8
ウルトラマンシリーズを観たことがない人でも、アクション映画や凝った演出が好きな人に是非ウルトラ観て欲しいでございます。(Z語)

今の子供ってこんな素晴らしい特撮作品を観てるのかと思うと、贅沢で羨ましい反面、昔の特撮は受け入れられるのかと心配になるぐらいに素晴らしい作品でした。
ウルトラマンは毎シーズン録画するものの取り急ぎ第一話だけ観て後は溜めこんでしまい、劇場公開前に一気見が定番でしたが今作は毎週毎週放送を楽しみにしていました。
とっくに放送は終わりましたが最終回が勿体なくてなかなか観れず、先程漸く全て鑑賞した記念レビューです。

今作登場のウルトラマンZ、まず地球語が苦手なとこが新鮮かつ面白く子供受けしそう!っと思ったところに、初代ウルトラマンと同じ演出の主人公との出会いのシーンに感動した古参ファンは多いはず。
私がウルトラマンで学んだ唯一知ってる宇宙語「キエテコシキレキレテ」以外の単語が出て来たときとか正直ちょっと泣きそうでした。

でも、もちろん私みたいな懐古厨じゃなくてもとても楽しめる作品です。
地球防衛軍の仲間達の絆、怪獣達と戦う意味、オーバーテクノロジーの恐怖、ウルトラマンシリーズの軸になるテンプレは綺麗に描けております。
今回ラスボスにあたる敵が一人だったのでブレずに見易いところも良かったです。
またお前かジャグラー、とは思いましたが、変身バンク最高ですね。
髪の毛流すところとかプリキュアかと思いました。(褒めてる)

何より特筆するのは特撮!
正直ニュージェネ世代に入ってからCGの技術は格段にあがりましたが新鮮さをあまり感じず、人間(とウルトラマンの)ドラマ中心に観てきましたが、今回は本当にすごい。
毎回戦闘シーンに必ず一回斬新な演出・カメラワーク・表現がありました。
もう毎週戦闘シーンが楽しみで楽しみで仕方なかったです。
個人的にオススメは
★ペギラによってひっくり返された自動車の中からの映像
★ブルトンが横を通過した為重力がおかしくなった部屋
★ジードとの共闘で下からのカメラワーク
もちろん他にもまだまだあります。
これが一番始めに書いた心配事。
こんな素晴らしい特撮観て目が肥えたら、ちびっ子たちは昔のウルトラマンを「すげー!」って言いながら観てくれるのかと言うことです。


コロナ渦の為、シリーズ終了後恒例の劇場版が発表されず寂しいです…。
応援上映で、是非ご唱和させてください。
メビウス以来だわちゃんとウルトラマン見たの、「ウルトラギャラクシーファイト2」がヤバすぎてテレビシリーズも手を出すか!ってことでめちゃんこ人気のあるZを見たんだけど

熱い、これは特撮ファンは燃え上がる

今の仮面ライダーとスーパー戦隊は見てないから分からんけどウルトラマンのネット配信、テレビ放送、海外展開は勢いが最近すごい

Zのズレた今っ子言語のくだりとかウルトラマンにしてはかなりオフビートな笑があったり変身者のハルキの真っ直ぐさとかコンビの相性の良さ

なによりもめっちゃ特撮なんだよ!!!
CGに頼りきらずミニチュアでの破壊描写は円谷の十八番だけどそこにさらにエグいカメラワークのアクション(確かジードと共闘する回)が凄すぎた

さらにZが戦ってる最中ミニチュアの中に一般人が闘いに巻き込まれそうになってあたふたしてるミニチュアとリアルが上手く重なり合ってるしミニチュアが嘘に見えない

メダルを使って変身はオーズを真っ先に彷彿させるけどウルトラマンも玩具展開してってるんだなぁと実感、あのメダル欲しいけどね普通に

エースが駆けつける回が神回
なぜそこにエースがZとの関係性が熱い
それにカメラぐるぐる回るギャスパーノエアクションがカッコ良すぎたしエース激渋
イケオジですわ

ニュージェネレーション良い感じだからジードとタイガは見てみたいかなって思った
azitarou

azitarouの感想・評価

4.5
0
ウルトラマンシリーズをちゃんと観るのはこれが初めてだけど、すごい。めちゃくちゃ面白い。怪獣退治のお仕事モノのように始まった巨大ロボ戦闘は最高にワクワクで、アクションシーンの見せ方がすごい巧い。さすがは怪獣特撮の本家本元だと感じる。何あのカメラワーク!?っていうのが毎回ある。怪獣も個性豊かで力一辺倒でない曲者や昭和シリーズからの出演もあってバラエティ豊か。人間パートも笑いあり感動ありでみんな好感が持てる人物造形で素晴らしい。特にヘビクラ隊長!あんたはこの番組のMVPだよ......!
終盤からの怒涛のクライマックス展開は最高に熱く、ウルトラマン不在の特空機たちによる決死の作戦は胸が熱くなり、そして完璧なタイミングで登場するウルトラマンZ。マジか~~~~めちゃくちゃ面白いなウルトラマン!!!
ShoMuroya

ShoMuroyaの感想・評価

4.0
0
あまりに周りが絶賛ばかりだったので、少し引いた目で鑑賞。近年のウルトラマンの中ではかなり傑作。シリアスとコメディのバランスが良い。

地球語に不自由なウルトラマンの設定や、1話で見られた怪獣のサイズを揃えない画作りなど掴みは見事。ウルトラマンジードやゼロの客演は予想内だったが、ウルトラマンAの登場や『ウルトラQ』「2020年の挑戦」の後日談を描いたあたりに驚かされた。

久しぶりの防衛組織の登場も良い。喰えないけど信頼できる隊長や活気あふれる整備班は『パトレイバー』的。巨大ロボを駆っての怪獣退治は平成ゴジラ的だし、ヨウコ先輩はミレニアムゴジラ的。

終盤の人造ウルトラマン、眠りから覚める地球怪獣たちは、平成ウルトラ3部作『ダイナ』『ガイア』の終盤戦を思わせるし、最後の怪獣の一部には『ガメラ3』を思わせる要素も。

田口清隆監督が見てきた特撮作品や、関わってきた作品を上手く『ウルトラマン』の世界に落とし込んでいた。脚本家・吹原幸太の手腕も大きく、やや硬直気味にあったウルトラの脚本を活性化。放送前に逝去されたのが悔やまれる。
ま

まの感想・評価

5.0
0
特撮は東映派。ウルトラマンは世代的に言うと、ティガダイナガイア世代。ゼロ関連は大体見てる。特撮好きなのでニュージェネの存在も知っていた。だけどウルトラマンにはそれ程のめり込まなかった。
YouTube「ギャラファイ2」が滅茶苦茶面白かったのでその流れで「Z」を見始めたのだけども良い意味で大きく期待を裏切られた…超面白かった!

Zの良いなと思う所はやはり明るい作風、これに尽きる!シリアスとコメディのバランスが絶妙だった。
1本の縦軸が最終から最後まであり、1話完結でありながら話によっては伏線回収としてまたがって繰り広げられる。
斬新な所はやはり特空機の存在。ウルトラマンは基本1人で戦うものだと思うのだけれど、今作はロボットと共闘をする。そしてセブンガーというマイナーカプセル怪獣に光が当たり、尚且つ序盤からラストまで見所があったのは本当に良かったなと思う。
後はキャラクター達。登場人物それぞれ魅力があったのは本当に強いなぁと思った。

脚本・シリーズ構成の吹原幸太の影響の大きさ。「Z」が傑作として名を馳せたので恐らくこれからのウルトラにも起用されるのは目に見えていた。ひいては今後の特撮界を牽引する存在だったのではと切に思う。亡くなったのが本当に惜し過ぎる。

21話「D4」からの最終回「遥かに輝く戦士たち」の熱量の高さは凄まじかった。特に最終回はウルトラマンの歴史に名を残す神最終回となったのではないのかなと思う。素晴らしき最終回逆算方式‼︎

出てくる怪獣達も旧作の怪獣ばかり。そういう所も含め子供だけでなく大人も楽しめる作品となっている。

劇場版いつまでも待ってます。

このレビューはネタバレを含みます

めちゃめちゃ面白い作品!!
私はゼロ推しなのですが、テレビ放映が始まる前にZはゼロの弟子というコンセプトを聞いて、正直マジか、、、と受け入れがたかったです。
が、1話を観て一瞬で虜になりましたw

初代ウルトラマンのオマージュ、Zの変な話口調、へびくら?ジャグラー?、戦闘シーンの迫力、などキリが無いくらいてんこ盛りでした!
他にもベータスマッシュのプロレススタイル、ガンマフューチャーがカッコ良すぎる、ゼロとジードの3共演、youtubeでのボイスドラマ、など、、、

ストーリーのクライマックスも良かったです!
個人的にはルーブ、タイガのクライマックスはちょっと盛り上がらなかったなと感じていたので、期待はそこまでしてなかったのですが、良い意味で裏切られました!

歌も最初聞いた時は「なにこれ?」だったのに、途中からご唱和くださいが頭から離れなくなる中毒性w
ストーリーの終盤にもリンクしていて良い曲でした!

強いてマイナス点を挙げるのであれば2つですね。
1つはコロナ状況もあってだと思いますが、中盤に振り返り回が多かったなと思います。
2つ目はデルタライズクローが強いという感じではなく、ベリアロクが強いという感じがしてしまうことです。
ゼロビヨンドとベリアルアトロシアスを使っているのに、その要素があんまり無かったなというところでしょうか。

最後に一言、
松田リマさんの演技とても惹かれました!
YOSHIEMON

YOSHIEMONの感想・評価

4.5
0
『ウルトラマンX』以来かな。 
こんなに面白いウルトラマンは。

ダラダラ同じ敵が出続けることもなかったし、みんないいキャラしてたな。
エース兄さんとの共闘は号泣だった。

映画化はよ🎬
>|