Tomomi

スイッチのTomomiのネタバレレビュー・内容・結末

スイッチ(2020年製作のドラマ)
4.0

このレビューはネタバレを含みます

・松たか子、カルテットから出て来たような演技するな〜笑笑 でも、世界観がめちゃ似てるから合ってるんだけどね。
・今回女弁護士の松たか子と、HEROで女検事を演じた吉田羊はどちらも優秀なんだけど、性質は全然違うな。
松たか子は内から出る気持ちを大事にしていて、少女のまま大人になった感じ。イメージカラーはベージュ。
吉田羊は外からの評価や関係性をモチベにしていて、the大人の女性。イメージカラーはレッド。
ちなみに阿部サダヲのイメージカラーはイエロー(全部役のイメージで書いてる)
・松たか子の表情、最高すぎる。"美白"とか"爽やかな笑顔"みたいな美人の要件は持っていないけど、だからこそ出せる味なんだろうなあ。

・「彼はドラマ仕立てのAVのドラマの部分も、ちゃんと全部見そうだねぇ〜、あ、AVなんか見ないかぁ」
「彼女、ラーメンの麺を一回一回れんげを経由してから食べそうだね、あ、ラーメンなんか食べないかぁ」
ここ痺れた〜笑 誰かが「坂本裕二はくだらない会話から深みを出す天才」って言ってたけど、その通りだと思った。
・彼の作品は派手なセットも使わないし日常から滲み出たような台詞が多いけど、劇は劇、というスタンスをどの作品も感じるなあ。「落ち着いた喜劇」というか。そこが好き。
・「宮崎駿の最高傑作は?」「空飛ぶ幽霊船のビル破壊シーンです」
「宮本茂の最高傑作は?」「初代F0かピクミンです」ここもメモ。