りっく

ある家族の肖像/アイ・ノウ・ディス・マッチ・イズ・トゥルーのりっくのレビュー・感想・評価

4.3
現在と過去の度重なる不幸の記憶を交錯させ、双子の兄を持つ弟に降りかかる数々の悲劇、そのルーツとなる祖父のファミリーヒストリー。そんな呪いを背負って生きることを宿命づけられた人生において、何を真実として受け止め、希望へ向かって足を踏み出せるかという苦悩や絶望の中で差し込む一筋の光を手繰り寄せる繊細な人間ドラマの傑作。