ある家族の肖像/アイ・ノウ・ディス・マッチ・イズ・トゥルーのドラマ情報・感想・評価 - 6ページ目

「ある家族の肖像/アイ・ノウ・ディス・マッチ・イズ・トゥルー」に投稿された感想・評価

マカ坊

マカ坊の感想・評価

4.5
0
過去の全ての「間違った選択」から非難の目を向けられながら、それでもなお選択し続ける事にどんな意味があるのか。あるいはそもそも「選択」などと言う行為は本当に存在するのか。

近年のポップカルチャーを席巻する「自由意志と決定論」というモチーフを通奏低音として、「ブルーバレンタイン」のデレク・シアンフランスが描く満身創痍の全6話。

一人二役で双子の兄弟を演じたマーク・ラファロ一世一代の名演は、物語の悲劇性や意図的なズームインの多様によって一層その強度を増しており、文句なくキャリアハイ。

とにかく終始苦しい。
なので人に勧めづらい。
これが唯一の欠点か。

直訳すると「これだけは真実だとわかっている」というタイトルの「これ」とは何かという答えは、意外にもというべきか割とハッキリと描かれ、そこだけを取り出せば確かにこれまで何度となく人類が語ってきた類の「テーマ」を題材にしただけの作品と言われてしまうかもしれない。

しかしこれはもう「観ればわかる」としか言いようが無いが、ネタバレを読んでお話の結果だけを確認すればOK、というような生ぬるい満足感を得る類の作品では断じて無い。

2時間の映画では取りこぼしてしまうだろうあれやこれやが、粗く褪せた風合いのカメラに掬い上げられ見事にひとつの「寓話」として綴じられている。

今作の特徴の1つであるこの独特の質感を持った映像が気になり、撮影監督のJody Lee Lipesのインタビュー記事を読んでみた。

中学英語さえ怪しいレベルの英語力なので間違ってる可能性極大だが、いわゆるテクニスコープ撮影?をしたフィルムを少し引き伸ばしアスペクト比に合わせて拡大することで通常の16mmによる映像とテクニスコープによる映像の中間的な画質の画を作ったと。

技術的な知識ゼロなので結局よくわからないけど、そこにはやはり創意工夫があったようだ。
それにしても撮影監督のしっかりとしたインタビュー記事が出てるっていうのがやっぱり海外のジャーナリズムの素晴らしいところ。ほんま撮影中の面白エピソードとかしょうもないこと聞く日本のインタビュー絶滅して欲しい。

少し話はそれたが今作は脇役も素晴らしい。
ロージー・オドネル、ジュリエット・ルイスを筆頭に、シリアスな中にもユーモアを感じさせるキャラクターもおり、実は思わず笑ってしまう場面もある。

ただやっぱり最高なのはマルチェロ・フォンテ!! 「ドッグマン 」で「クレイジーなのび太」を演じた彼が超重要な役で登場。是非もっといろんな作品でみたい…!



結局のところ他者との繋がりとは「呪い」ではなく「希望」なのだ、と思わないとやってられないというか、そう思う事で明日の朝を迎えられるのならそれが何よりですというか、要は言葉で語ろうとするとどうやったって安っぽくなる本物のドラマだという事を言いたいだけだった。必見。
リリ

リリの感想・評価

4.2
0

このレビューはネタバレを含みます

ドミニク自身のトラウマはもちろん
双子の兄に対する複雑な愛情が
痛々しくて観ていて辛かった

過去に向き合って自身を知り過ちを認め、更に他者を赦す事が
人生を立て直すのに重要だったようだ

兄トーマスにとっては
どうする事が正解だったのか…
でも施設を出て兄弟で過ごした短い時間はすごく穏やかに見えた

マークラファロが双子だけど全然違う2人を絶妙に演じ分けていて凄かった
(見た目はもちろん
表情、話し方、立居振る舞いなど)
改めて
俳優さんってかっこいいなぁーーと思った


家族でもお互い知らない事がたくさんあり、聞きたいけど聞きにくい事、
墓場まで持っていく話、思い出が誇張されていたり誤解があったり、
過去を辿っていくのは凡人でもしんどい。
今を大切に生きたい。
rayconte

rayconteの感想・評価

5.0
0
大ファンのデレクシアンフランス監督作とあって、邦訳を待てずオリジナル版を視聴した。
日本ではまだ途中までの配信なので、ネタバレは避ける。

本作は、統合失調症を患う兄と、その双子の弟をマークラファロが一人二役で演じる家族ドラマ。
「フォックスキャッチャー」の怪演から僕は彼の虜で、多くの人は彼目当てでこのドラマを見ると思う。
だが、この作品はそれ以外にも多くの魅力と、テーマに対するクオリティが研ぎ澄まされた素晴らしい出来だ。

「ブルーバレンタイン」他、過去のシアンフランス作品からもわかるように、彼は「温度」あるいは「空気」を描くことに非常に長けた作家だ。
なんとなくよさげな(あるいは賢こげな)雰囲気を醸すアート系作家はたくさんいるが(たとえば日本なら青山真治とか)、結局中身がなくてただ退屈というのはよくあるパターンだが、シアンフランス監督の醸し出す「空気」はそれらと全く次元が違う。
セリフでテーマを語るような野暮はしないが、出来事の前後の関係性で静かに、でも着実に文脈を積み上げ、それが最終的に結実する。
それらは謎解きか、もっといえば僕らが日常で誰かのことを知っていく過程と相似していて、「人を知っていくこと」の尊さを失わず、でもきちんとエンターテイメントとして昇華した、非常にロジカルでテクニカルな手腕が成せる業なのだ。
本作でもその才能はいかんなく発揮され、映画より尺のあるドラマシリーズのほうがむしろたっぷりと時間をかけ、精緻に人間を描いている。

「I know this much is true」は、翻訳するなら「それだけは確かだって知ってる」。
双子は、その言葉とは正反対の人生の中で「確かなもの」を掴もうともがく。
痛切だし決して明るい作品ではないが、人間の魂のありかについての普遍的な問いに必死で答えを見いだそうとする双子の様には、きっと心は震え、生きていく上で自分が大事にしているものを誰かも大事にしてくれているような気持ちになるだろう。
多くの人に観られるべき傑作である。
mimune

mimuneの感想・評価

4.0
2
現在配信の3話まで見たまでの感想メモ。

精神的な病気がある人を家族に持つ人の生活と人生。
それにプラスDV父親に育てられた人、自分の本当の親が分からない人、子供を幼くして亡くした人が抱えるこころのつらさも含んだドラマ。

わたしの姉は統合失調症ではなく不安障害で、トーマスみたいには全然ひどくないし、確かに体重40kg切ってたり健康面の心配はありまくるけど、働けずにほぼ1日寝てるくらいで挙動は基本穏やか。
それでも、病気になる前には二人で夏フェスやライブによく行ってたこと、東京にも夜行バスで遊びに行ったこと、自転車こいで近くまで遊びに行ったこと、元気に笑ってた姿は今でも忘れられないし、人に姉の病気のことを話すときは今でもほんの少しだけ泣きそうになる。
だから、主人公の気持ちが少しは分かる。
大好きな大事な家族が闇のどん底にいるのがわかってるのに、いつもすぐそばにいるのに、自分には何もできないつらさ。

私も、もし姉が何も問題なく元気に過ごしてたら、30歳までにイギリスにワーホリしたかった夢があったし、姉の生活費のために父がした数百万の借金を肩代わりしないといけないこともなかった。
私の場合は姉が仲良しで大好きで、姉といるのがずっと楽しくて好きで生きてきたし、姉に数え切れないほど感謝しきれないほど支えられて生きてきてるので、今も何も辛い思いはしてない。借金も確かに早く返さないとって気にはしてしまうけど、別にストレスや病んでしまうほど重荷には感じてない。
主人公は双子で生まれた瞬間からずっと一緒で、小中高大学まで全部一緒で、嫌な思いを毎日積み重ねてしまってる部分もあるし、ましてや双子だからきっと私の想像では分かりっこない感覚があるんやろうな。


家族や周りの友人と、自分自身の生活や人生との"線引き"は、今までも時折り考えてきたことのひとつ。
このドラマを見ながらまた考えていきたいなと思う。
アマゾンプライムで1話無料分だけ観ました。
マーク・ラファロさんの演技に惹きつけられました。重く暗い内容を受け止めきれずでした...メンタルが良いときに再度トライしてみます。
ドミニコとトーマス兄弟の受難がひたすら続く前半から「ヘレディタリー」みたいになる後半を経て、呪われた血脈がたどり着くラストに泣いた。マーク・ラファロ、これでなんらかの賞がとれなかったらもうどうしようもない。掛け値なしのド傑作!

ドミニコのじいさん役の人、どこかで見たことあるなと思ったら「ドッグマン」でいじめられてた人だった。
MOR

MORの感想・評価

4.0
0
ダダ

ダダの感想・評価

-
0