Omake

極主夫道のOmakeのレビュー・感想・評価

極主夫道(2020年製作のドラマ)
3.6
こういうタイプのコメディは演じる役者に実力がないと面白くないが、この作品は良かった。

玉木宏の芸達者振は勿論だが、今回とても気になった俳優をここで初めて見た。

ひばり姐さんを演じた女優、ひまわり役の子役、若い警察官、名前を覚えてなくて申し訳ないが、とても印象に残った。

志尊淳も良かった。性同一性障害の役を演じたのを見たことがあり、それも良かったが、彼の演じるこのチンピラは良かった。彼の役回りとひばりの役回りがこのおかしな極道コメディを成り立たせていたと思う。

最終話は盛り過ぎたのか、端折り過ぎたのかは知らないが、雑な作りだったのは残念だった。

最近最終回が印象に残らないドラマが多い。何でだろうか。