アメリカン・クライム・ストーリー/ヴェルサーチ暗殺のドラマ情報・感想・評価・動画配信

「アメリカン・クライム・ストーリー/ヴェルサーチ暗殺」に投稿された感想・評価

YUNA

YUNAの感想・評価

3.7
0
ダレンさんごめん、ダレンさん目的で見たけどめっちゃ飛ばしてみてしまった、、、

グロいところとかなんだかなんだろう淡々としてたかな?けどシリアルキラーってそれなりにトラウマ抱えて生きてきたから環境というかそういうののせいでもあるなと。

けどダレンさんの演技力はまじですごいと思った、ブレインと全く違ってクナナン怪演技だった!
a

aの感想・評価

3.5
0
ダレクリ目当てで鑑賞。ダレクリサービスショット満載でよかった!
でもストーリーはあんまりハマらず、、、流し見になってしまった🙄
りたん

りたんの感想・評価

4.5
0
美しいの一言。
それいぬ

それいぬの感想・評価

3.8
0

このレビューはネタバレを含みます

作業中のBGMがわりに適当に流すつもりで再生したら、あっという間に引き込まれて一気見してしまいました。

ライアン• マーフィー自身がゲイで、LGBTQをテーマにした作品が多いのね?「glee」見てないので知らんかった。

はじめは「被害者がゲイの事件は真剣に捜査してもらえない」ということを訴えるドラマなのかなー、と思ったんだけど、話が進むに連れて、それだけじゃないことが見えてきてすごく面白い。

まともに努力して成功したヴェルサーチや、クナナンのパトロンだったゲイたちと、口先と人当たりの良さだけで「特別な存在」になろうとするクナナンの人生対比とか。クナナンがどんな人生を歩んだ結果、そんな頭おかしい人格に仕上がってしまったか、とか。
ヴェルサーチのパートナーがゲイの上にオープンマリッジだったことで二重三重に理解されなかったこととか。

めっちゃ面白かった。

「自分は特別な存在だと信じること」は、何かを成し遂げるためにはある程度大事なことなんだろうけど、「特別な存在」を「普通の人が課せられる面倒な手続きや苦労を免除される存在」と履き違えてしまうと、こういう人になっちゃうんだろうなぁ。

まぁ、そこを理解できないから反社会性パーソナリティ障害なんだろうけど。

クナナンは、父親のフィリピンへの逃亡と、「24時間で助けに行く」の2回、父親から大きな裏切りを受けるわけですが、この2つがなかったら、事件の結末は違っていたかもしれませんよね。

男娼としての贅沢な暮らしは、クナナンにとっては「本来当たり前に自分が享受するはずだったもの」であるわけで。父親の裏切りによって奪われてしまったものを取り戻そうとしていただけにすぎないのかもしれない。生きるはずだった未来を生きているだけのつもりだったのだろうと想像した。
「自己肯定感の根幹であった、父親の成功譚は全てまやかしで、実は詐欺師で、家族を捨てて自分だけ逃亡し、しかもなんの策もなくノープラン、ノーマネーで逃げ出して、謝るどころか開き直った。経済的に破綻したので元の生活には戻れず、それまで自分が当たり前に楽しんでいた趣味も、将来の夢も諦めなくてはならなくなった。」パーソナリティ障害じゃなくても、こんな現実は受け入れられないと思う。

父親の裏切りがなかったら、ふつうに大学生活のどこかで精神科につながって、セラピーを受ける未来もあったのがしれないと思うとやりきれない。
まあぽむ

まあぽむの感想・評価

4.0
0

このレビューはネタバレを含みます

ヴェルサーチの豪華絢爛な暮らしを垣間見れる作品だと思ったら、加害者アンドリュー・クナナンがいかにして犯罪者になったかのストーリー

・1990年代でも、被害者がゲイだから警察が捜査しないのも驚き。

・アンドリューの父親が毒親。事件後に電話した時に「渡米したら捕まるかもしれないけどすぐ行く」って言った時は感動したのに、その後のテレビ出演でドン引き。

・父親が職場で、客に電話切られてるのに同僚には続いてるふりしてるのが怖かった。

・海軍の虐めもひどい

・過去に遡る構成がどんどん引きこまれた

・ブロンドのペネロペが美しい
ままちょ

ままちょの感想・評価

5.0
0
全てに引き込まれた。
ひつじ

ひつじの感想・評価

2.9
0
登場人物とか個々のエピソードは興味深いけど、凝った語りをやってるからかそれぞれの繋がりが不明瞭でなので、興味が持続しにくい。連ドラなのに次回へのひきが弱いし、それでいて回毎の結末も弱い。めちゃくちゃ長い映画だと捉えればよい気はするけど、主人公に肩入れしにくいので、焦点が定まらなかった。
ひろ

ひろの感想・評価

3.0
0
ペネロペちゃんが出てると知ってからそのうち見ようと思いつつずっと見てなかったやつ。
メインビジュアル?Netflixの見るとゲイゲイしい話なのかとちょっと敬遠してたのもあるけど思ったほどゲイゲイしくはなかった。基本ゲイのお話だけどw

S1のOJの事件は知ってたけどこんな事件もあったのね〜!97年とか普通に大人だったけどこんな事件記憶になかったわ。

ペネロペちゃんの役どころからするとこのイタリア訛り英語が正解なんだろうけどクナナンのターンに比べるとヴェルサーチターンはちょっと退屈でした。

男娼のシリアルキラー…殺された人と遺族からしたら大変迷惑な話だけどクナナン自身は子どもの頃は別としてもかなり豪遊したりで幸せだったんだろうなと思うと余計悔しくなるね。


クナナンのお父さんがラチェッドの院長だし女刑事はOINTBの子だったわw
midori

midoriの感想・評価

4.3
0

このレビューはネタバレを含みます

アンドリューは才能に溢れた素敵な人だと周りの人も思ってくれているのに、自分の嘘のせいで不幸になっていく。実話のことは知らないけれど、本当にいたと思うと凄く悲しい気持ちになった。
事件に至るまでの経緯を時系列遡って描くことで見る人の先入観を少しずつ崩していく。
家族で英才教育したプライドモンスターがメッキ加工に気づいた時、性的マイノリティも加わって...
>|