世にも奇妙な物語’20秋の特別編のドラマ情報・感想・評価 - 3ページ目

「世にも奇妙な物語’20秋の特別編」に投稿された感想・評価

miki

mikiの感想・評価

-
0
全部おもろいの久しぶり!
てんまる

てんまるの感想・評価

3.9
0
タテモトマサコのインパクトが凄い
tetsu

tetsuの感想・評価

3.8
0
広瀬すず主演エピソードの予告に、惹かれる部分があったので、久しぶりに鑑賞。

[概要]
今年で放送30周年を迎えた人気オムニバスドラマの最新作。
奇妙な出来事に巻き込まれた人々の4編の物語。

[感想]
番組そのものが映画化されたり、人気作品が映画化*されていた全盛期と比べると、なんとも、ネタ切れ感を抱かずにはいられなかった近年の『世にも』
*『友子の場合』、『NIGHT HEAD』などがある。

しかし、今回は30周年を迎えた節目の年であることも影響してか、力の入った作品が多く、楽しめた。

ただ、本音を言うと、昨今のインディーズ邦画界では活躍している若手映画作家が多いため、このあたりに監督をしていただきたいという気持ちは募ったけれど。(スケジュール調整、キャスティングの問題などが大変だとは思うが……。)


[各話感想]

**************************************

『コインランドリー』
☆×3.6

[出演者]
濱田岳、岡崎紗絵、コロッケ

[あらすじ]
偶然、立ち寄ったコインランドリーで、「欲しいものが何でも手に入る」不思議な洗濯機を発見したフリーター・橋本。しかし、その機会には、ある秘密があって……。

[感想]
良くも悪くも『世にも奇妙な物語』らしかった佳作。
作品のアイデアや、美女を召喚していく馬鹿馬鹿しい展開(これには、過去の傑作エピソード『美女缶』を彷彿とさせられる)が良かっただけに、話の粗が目立ってしまったのは残念。
謎の清掃員の言葉や、ヒロインの存在に、若干のちぐはぐさを感じていたため、原作を読んでみると、案の定、それらが改変点だったことが分かり、納得。
ヒロインの登場や、ビジュアル的なインパクトなど、TVゆえの制約もあったのだとは思うが、原作の方が無駄のないストーリーだったため、脚色力の問題かなと……。

参考
ロッカールーム - 鈴木祐斗 | 少年ジャンプ+
https://shonenjumpplus.com/episode/10834108156687311993
(こちらが原作。web版『ジャンプ』の読み切り作品なので、無料で読めます。)

**************************************

『タテモトマサコ』
☆×4.0

[出演者]
大竹しのぶ、成海璃子

[あらすじ]
突然の不審死で恋人を失ってしまったOL・楓。その死因に、同じ職場の館本雅子が関わっていることを知った彼女は……。

[感想]

オフィスビルの入り口で血だまりの死体が倒れているシュールな冒頭に違和感があったものの、以降、よりクレイジーな展開になっていくため、それすらも世界観として取り込まれてしまう潔さ。

限られた尺を見事に利用した大胆な時系列省略や、突然、首をロープにくくりつける登場人物なども見事で、往年の「世にも」の名作を思い出す不条理劇の傑作だった。

「タテモトマサコ」という奇怪な存在の説得力が素晴らしく、これはまさにベテラン女優・大竹しのぶさんを選んだキャスティングの妙だなぁと。

近年の映画で言うならば、『散歩する侵略者』にも近い内容を短時間でまとめ上げた脚本が素晴らしく、見事な結末にもうならされた。

**************************************

『イマジナリーフレンド』
☆×3.9

[出演者]
広瀬すず、堀内敬子、岐洲匠、横田真悠

[あらすじ]
「イマジナリーフレンド」について学ぶ大学生の早希。そんな彼女の前に現れたのは、幼少期の空想のお友達・ウサギ人形のユキちゃんだった……。

[感想]
この時代に、あえてCGではなく、人形で不気味なキャラクターを生み出した辺りに、製作陣の本気度が伝わってきた作品。放送30周年という節目の放送だけに、コロナ禍がなければ、もっと、豪華な企画を用意していたかもしれないが、超売れっ子女優・広瀬すずさんを出演させただけで、爪痕を残した感は強いw。

戦隊出身の岐洲匠さん、ドラマなどで少しづつ、頭角を現している横田真悠さんなど、限られた制作予算内(あくまで憶測w)でのキャスティングのセンスの良さが光っており、ヒューマンドラマ系かホラー系か、どちらに転ぶのか全く予想のつかない展開も見事だった。

ただ、後半に明かされる真実は、やや唐突で序盤の描写と辻褄が合わない部分があり、そこがなければ、文句なしの傑作だった。

**************************************

『アップデート家族』
☆×3.6

[出演者]
高橋克実、吉川愛

[あらすじ]
家族の関係性が冷え切っている黒崎家。
そんな中、冴えない父・睦夫は「ファミリーアップデーター」という新製品の存在を知り……。

[感想]
THE 出オチネタ。笑
とはいえ、それが、逆に「世にも」らしいコメディ快作だった。

突然、出てくるブロンド外国人や、原型をなくした祖父母、そして驚きのラスト演出など、シュールな作風は、まさしく、90年代「世にも」。
中身は全くないが、決して嫌いではなかった。

他作品に尺を使いすぎたあまり、マジで一瞬で終わってしまうのが、一番の爆笑ポイント。
・コインランドリー
オチがありがちで、いまいち。

・タテモトマサコ
これは面白かった。
中盤までは面白かったし、大竹しのぶはもちろんのこと素晴らしい。

・イマジナリーフレンド
これは展開がベタだが、話としては今回の中ではまとまっていた。

・アップデート家族
今回のギャグ回でアタリ回。
特におばあちゃんにめっちゃ笑った。
テンポもよく、他の話もこれくらいサクッとした時間で終わらせてくれたらいいのに。

最近、世にも奇妙な物語の見たことあるよくあるオチが、連発されていてさすがにネタギレ感はある。
もう、放送するたびに思うのは1本でみアタリがあったらそれでよしという感じなので、今回はタテモトマサコとアップデート家族がアタリなのでよし。ここ最近ではまだ面白い方かもしれない。
魂コシ

魂コシの感想・評価

-
0
タテモトマサコがスタンドバトルのようだった
ぼん

ぼんの感想・評価

3.5
0
大竹しのぶさん凄いな
まーくん

まーくんの感想・評価

3.7
0
30周年記念、第二部。
▼コインランドリー
乾燥機から願ったものが続々と出て来るが、時間限定制限付。まぁオチはそうなるよねといった感じで、濱田岳もガックリ。
▼タテモトマサコ
今作はこれが思わぬ収穫。近年の世にも奇妙な物語で稀に見る傑作エピソード。大竹しのぶの静と動の怪演がとにかく秀逸。以降、監察医朝顔に出演しているが、タテモトマサコに見えてしまうほど尾を引いていて、まさに奇妙な話。
▼イマジナリーフレンド
タテモトマサコの印象が強過ぎて、広瀬すずも鼻血出しそうに見えてしまったが、プラシーボ効果によってこれも良く思えた。
▼アップデート家族
これは短かったが、JK吉川愛のツッコミ具合とか、なかなか面白かった。

タモリ氏のラストの語りも含めトータルで近年の世にもでは珍しくバランスが取れたものであった。

30周年以降もこういった世にも奇妙な物語を提供して頂きたい。
Asami

Asamiの感想・評価

3.2
0
タテモトマサコ
takachi

takachiの感想・評価

3.1
0
タテモトマサコ見たさに見た。
いや〜タテモトマサコっていうか大竹しのぶが怖いわぁ。
本当に底が知れない俳優に思えるわ。
大竹しのぶを見るようなドラマ。それだけで抜群です。

イマジナリーフレンドも
おもわず泣いてしまったよね。
ホラーにいくのかなって誘導されて、途中から展開が読める気がして構えたのに、あざといのにやられてしまって悔しいです。
後出しジャンケンで泣かせるなよ。広瀬すずがひたすら可愛いから泣いたけども。

コインランドリー はちょっと繰り返しがもたついたし、よくあるパターンで、まぁそうなるやろなって感じ。

アップデート家族もまぁ、そうなるやろなって感じ。
個人的にはあまりに見知ったスタジオで若干ソワソワした。

後者の二つは見飽きた感あるなぁ。
愚かな男が自滅するパターンに、女を物化するプロセスを持ってくるのは、もはや現実でも可視化され批判もされるもので、あんまり新鮮味を感じない。

令和なので、もっと令和らしい価値観と令和らしい展開のドラマが見たいわ。