おカネの切れ目が恋のはじまりのネタバレ・内容・結末 - 4ページ目

「おカネの切れ目が恋のはじまり」に投稿されたネタバレ・内容・結末

みんなの猿くんに向けた言葉もグッときたけど、猿渡ママの「ママはずっと慶ちゃんの味方だからね」で涙腺崩壊した。
もっと見たかったなあー、、
猿彦さん欲しいーーー!!
三浦春馬が亡くなったことで急きょ4話だけで終了した。少なくとも1~2話のものすごく明るく金遣いの荒いボンボンを演じる三浦春馬が見れただけでもお蔵入りしなくてよかった。特に1話は抜群なラブコメだった。3話で三浦翔平が急にスキャンダルに巻き込まれるのだが、そこまでは普通のシナリオだったんだろう。4話は三浦春馬が失踪した態にして、急きょ松岡茉優の父親とのエピソードを入れてまとめたので、ぽんと話がとんでしまった印象はあるが、最後の松岡茉優がつぶやいた「会いたい」というモノローグというか、暗くならない形でどうにかまとめた演者・脚本・監督に喝采したい。
最後、ちゃんと帰って来てくれて良かった。
ドラマとして結構面白かった。最後の1話は本人が出てこない。話も随分変えたんだろうなという感じで、話としては最後は面白くなかったけど、致し方ない。もう主役が亡くなってる状態でこの続きを撮ったと思うと、全員のセリフが追悼の意を込めてるようにしか思えない。最後はそういう意味でよかったように思うが悲しみ。
三浦春馬は勿論のこと
他キャスト達のそれぞれの役も
みんなもっと観てたい感じだった
こんな下りまで撮ってたのかという気持ちと
あからさまに"もう居ない"第4話
でもまだあたたかい猿渡さんという役
改めて胸が痛んだ
松岡茉優と北村匠海のやりとり
三浦春馬と経理部のやりとり
特に良かった
この全4話で強行的に締めたの
荒々しさは否めなかったけれど
ある視点で令和、
伝説のワンクールになることだろう
御冥福をお祈りします
たった今、#4(最終回)を視聴。
三浦春馬と撮影できた分をギリギリまでうまく構成して、
ラスト15〜5分程度で
「松岡茉優のモノローグ」
「手紙」
「ナレーション」
等でうまく説明してなんとか形をつけて終わるのではと
予想していたので
1時間以上の拡大版となった#4に、回想シーンをのぞけば
三浦春馬が一切出てこなかったことに驚いた。

#3までのストーリーに少しだけ新撮部分を加えて
「失恋したが新たな恋に出会った」という希望のある
終わり方にすることもできたと思うが、
お父さんとの再会などの
最終回までに回収するはずだった要素に
きちんと決着をつけて終わるやり方が選択されたということなのだろう。

#4撮影時の役者、スタッフの皆さんの苦労が忍ばれる。
結果的に、三浦春馬を偲ぶような内容になり
ストーリー的にも少なくとも「ブツ切れ」ではない最終回になったので
よかったのではと思う。

泣けた。
春馬くん、茉優ちゃんほんとに最高でした!
放送してくださったことにも感謝。



本音を言うと、見たかったなあ……最後まで。
絶対おもしろいし、絶対楽しかったやろうな。ドラマってさ、好きで続きをみたいとすら思うくらいやったやつってシーズン2とか、スペシャルとかを密かに待ち望めるのよ。ないとは分かってても。そこまで視聴率がなかったらしいし、私がハマっただけやしっていうやつでも、いやもしかしたらって思えるのよね。
でも、これだけは、今回だけは密かにすら待てない。待っても来ない。それが悲しい。
でもずっと忘れられない最終回だったな。

追記
シナリオブック……買ったよ。(未読)
とってもテンポ良くたのしく
進んでいく3話に対して、
最終回は彼がいなくなったことが
ひしひしと伝わってきて
悲しくなった。

実際の日々と、ドラマと
一緒にしては行けないけど
どのセリフも彼へのメッセージに感じる

ツライと思うシーンがたくさんあった。

あとあのポワポワしてるロボット欲しい。
動きがめちゃ可愛い。
価値ってなんだろうか。

高名な画家か誰かが描いた猿の豆皿。
きっと高価なものなんだろう。

だけどたぶん…
不格好でも、私の為に心を込めて作ってくれたお皿の方が、何物にも代え難い価値が宿ると…

そんな事を思った。


伝えたいことをね…
誰かに伝えるのは、とても難しい。
言っても思ったように伝わらない事もある。
だから価値が解らないのも…
何も言えなかったことも…
きっとそれと同じ事かもしれない。

そんな事を思った。


投げ捨てた結果の、救い難い惨状が私たちに牙を剥いてる…私はそれを擁護したくないけど、否定をするつもりもない。


価値ってなんだろうか。

ものすごく高価な物かもしれないし…
ワンコインで手に入る物かもれない。
でもそれは、私がとても大事だと思える何か。

それを大事に使う人もいるし…
考えなしに浪費する人もいる。

それを考えた時…
思い浮かんだ、古い歌詞があった。
だからここに、書き残しておこうと思う。


世界中にさだめられた
どんな記念日なんかより
あなたが生きている今日は
どんなにすばらしいだろう

世界中に建てられてる
どんな記念碑なんかより
あなたが生きている今日は
どんなに意味があるだろう


案外すぐに、無くなってしまうようだから…
私は相変わらず、諦めの悪いままでいよう。


価値ってなんだろうか。
人生は自問自答ばかりだ…