おカネの切れ目が恋のはじまりのドラマ情報・感想・評価・動画配信

「おカネの切れ目が恋のはじまり」に投稿された感想・評価

まいたろ

まいたろの感想・評価

3.8
0

このレビューはネタバレを含みます

ようやく観れる気分になったので鑑賞しました。

ちょっとキャラが濃いなーと思う部分もあったが、そういうものだと思えば気にならないで楽しめました。


まずは役者さん一人ずつ。
松岡茉優は芝居も顔も好きです。
ぶりっ子ではないけどダサくもない、丁度良いところをいつも演じてくれる印象。

三浦春馬は笑顔キャラになってしまってるのが私的には少し残念。もっと違う面も観たい。
…とは思っているが、3話の泣き顔が観れただけでもこの作品を観る価値はあったと思う。

北村匠海は好きな役者さんだが、そろそろ見飽きた。違う一面が観たい。

(ドラマは特に)キャスティングと求められるお芝居がオーソドックス過ぎるのでしょうね。
全員ハマってるけど、何か物足りない。

秘書役 大友花恋
頑張ってはいるけど、折角のキーパーソンな役を活かしきれていない。
この役はもう少し年齢上の人が演じた方が良かったのでは?
唯一ハマってないと思った役です。



そして第4話

全く事情を知らない人が観たら、最終話は普通なのですかね。
ここまでまとめたのは凄いと思うけれど、"居ないからこうした"感は拭い切れなかった印象。

あの役が急に失踪するかな?って。
まあ自分語りをするなら、私も昔、部活の先輩が自殺したことがある。
優しくて明るくて敵などいなさそうな人。
前日までいつもと変わらず接してくれた。
勝手に、悩みなんて無いだろうと思っていた。

だから、急に失踪することもあるのかもですね。
ドラマとしては伏線とか欲しいところだけど。

やっぱり戻ってきたラストは良かったけれど、展開が予想できた分、満足とまではいかなかった。
最後の松岡茉優の笑顔が少し弱く感じた。
「お帰りなさい。」と言って満面の笑みで笑ったところで映像静止。みたいな
ありきたりだけど完全ハッピーエンドな終わらせ方を望んでいました。



最後に
本当の意味でもういない人が劇中でもいないことに思いを馳せながら芝居する役者陣。
辛くなかったかな。私なら耐えられる自信はない。

エンタメとして完結させた皆さんの強さに、主人公のように丁寧に「ありがとう」と伝えたい。
ねむ

ねむの感想・評価

4.5
0
悲しい
かつお節

かつお節の感想・評価

3.6
0
キャラ設定がとても面白い。
途中だけでもこんなに面白かったのだから、最後まで話があれば凄く良いドラマだったのではないかと思います。
とても残念ですがやり遂げたスタッフや出演者には感謝しかないです。。
最終回は春馬くんの事で頭がいっぱいで泣きそうでした。
HirokoFujino

HirokoFujinoの感想・評価

3.9
0
4話で終わらなければわりと面白かっただろうなと思う、本当に本当に本当に残念。。。

4話は1〜3話の伏線回収に明け暮れているわりには、感動入れてこようとしたり、急に恋が始まったり終わったり、とてもじゃないけど成立していない。見てて苦しい。

三浦春馬の役と三浦春馬は違うし、そこを重ね合わせて物思いに耽るシーンが散在してたけど、それもなんだかなと。
ただ、三浦翔平が「あいつはほんと自由だよなあ」というシーン、きっと元々の脚本にはなかっただろうし、そんなに長い尺でもないのにかなり間延びしてた印象あるし、ここはドラマではない感情がかなり現れてたので、嫌でも目が離せなかった。

んー、要するに?、面白いドラマだったからこそ、変に終わらせないで良かった気がする。
NANAのように、モヤモヤが残る打ち切りで。

あー、言葉にするの難しい、きっと前例ないしそりゃそうだ、あー、本当に残念、面白いドラマだったはず。。
kana

kanaの感想・評価

-
0
最後のスタッフからの一言メッセージ沁みた
観て観れて良かった
coco

cocoの感想・評価

-
0
記録
chiharu

chiharuの感想・評価

3.8
0
記録
Rico

Ricoの感想・評価

3.9
0
記録用
soragumi

soragumiの感想・評価

4.0
0
三浦春馬の遺作?ですが、余計な感情は込めずに純粋にドラマの中身のみで評価。
松岡茉優演じるヒロインが中身も含めて可愛いですねー!松岡茉優、こんな演技も出来るんだ、今までに無い彼女を見れてそれだけで満足。CMとかではよく見るけど、もっと女優業の露出増やして欲しいな。あまちゃんのときから応援してます。
三浦春馬演じるドラ息子も型にはまってて良かったです。
お金や恋愛に対する考え方が異なる二人の化学反応をもっと見たかったし本来の結末も気になりますが、たとえどんな形でも放送の決断をしてくれた局とスタッフには感謝です。
>|