ヴレア

荒ぶる季節の乙女どもよ。のヴレアのレビュー・感想・評価

荒ぶる季節の乙女どもよ。(2020年製作のドラマ)
4.0
原作・脚本 岡田麿里なので、基本的にコミックとアニメと同じ内容ではあるが、実写ならではのリアルなドラマが展開されていて良かったと思う。
とくに主人公の山田杏奈と菅原氏役の玉城ティナは文句の付け所のないハマり具合だったのではないか。
若干クライマックスに向けて盛り上がりに欠ける部分もあってそこが不満ではあったが、全体としてはクオリティが高いなと感じられた。
オープニングでキャストが踊る奴はもろに「逃げ恥」の影響を感じた。