妖怪人間ベラ~Episode0(ゼロ)~に投稿された感想・評価 - 4ページ目

「妖怪人間ベラ~Episode0(ゼロ)~」に投稿された感想・評価

鵜

鵜の感想・評価

3.0
0
残暑が厳しいので引きこもり日に一気見した
10話も続けて観られたのは(1話が短かったこともあるけど)、それなりに引き付けられるものがあったからなのは間違いない
アニメをリアルタイムで観た世代には、いつベラがどんな風に変身するかにも興味あったけど、こちらは空振りだった
ストーリーの意外性もあり、面白い作品だった。primeだったからという理由もありますが
黒汐楓

黒汐楓の感想・評価

4.0
0
映画の予告が面白そうだったので、軽い気持ちで観始めたら想定以上に面白くて10話一気見してしまった。
女の子たちの狂っていく演技が皆さんとても素晴らしくて。怪演続き。そして悲鳴に次ぐ悲鳴なのだけど、全員この悲鳴が良い。むしろもはや気持ち良い。
胸くそ的なストーリー展開も多いけど1話も飽きも疲れも来なかった。

一気見したせいもあって最終話ラストシーンのベラのセリフに何だかとてもグッと来て、こみ上げるものがあった。
映画も楽しみ。
ただしスプラッター過多なので苦手な人は要注意。
つエ

つエの感想・評価

4.3
0
映画公開までに前日譚チェックしとくか、ぐらいの気持ちだったが、ドラマ単体としてとても面白くて一気に観終わった

転校生・ベラの登場を境に、女子高生の不慮の死に関わった同級生たちが次々と破滅していく、というのがドラマの大筋なのだが、"やられ役"の役者さんたちが壮絶な最期を演じながらリレーを繋いでいるようで見応えがある
そこにベラを演じるemmaによるお馴染みの歌と例のセリフが毎回効果的に挿まれ、30分ドラマとしてのリズムを感じさせる

ドラマ版の主演である大友花恋がまた素晴らしい
死んだ女子高生の親友で同級生たちがベラの"復讐"によって破滅していくのをなす術なく見守るしかない、という役どころで、全10話かけて負の圧力でコトコト煮込まれた果てに最終話で見せる振り切れた姿には今までにない凄みがあった

最終話のEDがミュージカルの大団円のようでスタンディングオベーションしたくなるほど好き

監督は変わるようだが映画版も期待したいと思う
kmimochi

kmimochiの感想・評価

3.9
0
タイトルだけみて、なんとなく見始めたら最後まで一気見。
ついつい最後まで見てしまう求心力があった。

妖怪人間ベムのベラである必要性は余りないが、劇中ベラが歌うのがちょっと癖になる。
ありがちな設定ではあるが、グロ描写も工夫があるしテンポも悪くないので良かった。

なにより、メインの女子高生役の方達の演技が良かった。始めはアイドルドラマかな(それはそれで良いが)と思っていたので皆、熱演で素晴らしい。

怨み屋本舗とかミスミソウとか好きな人は面白いと思う。
ARLES

ARLESの感想・評価

3.8
0
今度やる映画の前日譚だったのか、知らずに何となく観てた、。

そもそも元の妖怪人間の設定もほとんど記憶にない、。ベラは霊体?六角さんがあのキャラ?

とはいえ良い感じに狂っていて面白かった。。なかなかグロい。。
bibliophage

bibliophageの感想・評価

4.1
0
容赦無しのストーリー。ラストの切れ味(歌はどうも...)も良いではないですか。高校生ベラが転校してくる。そのクラスには、過去に死んだ少女が居て、それに関わった女子高生が一人づつベラによって...

ベラに焦点を当てたリメイクって発想が素晴らしい。六角さんが訳ありなのですが、映画版でも登場あるのでしょうか?映画にも期待です。
JIN

JINの感想・評価

3.9
0
1〜6話一気にチェック。
映画の前日譚らしいけど、これがなかなか面白い。
emma演じるベラは従来のイメージとは全然違ってて、急に妖怪人間の歌を歌い出したりシュール。
「はやく人間になりたい。でも、あなたにはなりたくない」と言って喪黒福造的な動きをするのだった。

(最終回)
大友花恋演じる詩織が遂に壊れるの巻。
基本的に胸糞エピソードばかりで、オチもかなりヒドいながらも、梅ノ木坂ベラさんの身になってみれば納得のラスト。
EDで出演者達が歌う妖怪人間のうたに救われる思いだった。
これは映画の方も観たくなるよなあ。
CotoCo

CotoCoの感想・評価

4.0
0
ながら観しようとしたらハマって一気観してしまった・・・
一話の「早く人間になりたい・・・」が、そこで言うんだ(笑)と。
ベラの髪型が違和感あるのはカツラなのかな。ぼりゅーみぃ。

こういうの好きみたいです。
雪音

雪音の感想・評価

3.0
0

このレビューはネタバレを含みます

なぜ、アニメの歌を歌うのか。
しかも最終話では死に体で歌うという。

中々笑える作品でした。
所々妖怪人間ベラの歌を歌い出すのは謎だけど
出演してる女の子達みんな演技うまいし、ドラマのクオリティも高いしなかなか面白かった。
グロいシーンとかは今の地上波ドラマでは放送出来ないだろうからこれからはどんどん動画配信サービスでのオリジナルドラマの方が地上波のドラマよりも全然面白くて見応えがある時代にもうなりつつあると感じる。

正直このドラマにはあまり『妖怪人間ベム』要素はないんだけど、このコンテンツはまだまだいろんな展開が考えられるので今後も既にドラマや映画化もされてるけど更なる進化した物語を期待したい。

ラストのまさか友人を死へと追いやった首謀者が
あの人だったということも良かった。

あなたにおすすめの記事