自分記録用

秘密の森の自分記録用のネタバレレビュー・内容・結末

秘密の森(2017年製作のドラマ)
3.5

このレビューはネタバレを含みます

【記録用】

韓国版アンフェア
組織の陰謀系ストーリー

悪に真っ向から勝負しても
かえって痛い目みるし
結局暴き切れないから諦めて
みんなが見ないフリしがちな中
主人公だけが毅然と戦う。
そしてだいたい側近が犯人。

最後に、
「義父を裏切った者の遺品ではなく
贅沢に暮らしていた犬から
検察が奪うべき物だ。」
っていうセリフで、
正義と不義の狭間で生きた
19年の苦悩の末に出した結末が
偽善者になるでもなく納得のラストで◎

最近韓国ドラマを見始めて
結構哲学的なセリフが多いなと。