YasuhitoToyoda

マンハントのYasuhitoToyodaのレビュー・感想・評価

マンハント(2017年製作のドラマ)
4.5
ユナボマーとそれを追う刑事の実話ドラマ。

ここ最近のシリアスドラマで個人的には一位。

ユナボマーの葛藤と孤独と妄想の中だけの幸福。
この表現は文学作品に匹敵するぐらい美しく描かれている。

また刑事サイドの葛藤と10年を越える追跡と人生を捧げて挑む姿も良い。

犯罪について良く考えるけど、社会と環境の因子が引き起こしてる率は高い。
持って生まれた犯罪者予備軍も環境次第では社会に適応可能で不必要な犯罪は未然に防止することが出来ると考えてます。

どーしようもないケモノ系は更生の余地無いから社会全体の厚生を考えたら即ぶっ殺しでOKとも考えてます。

ただボマー的なんには被害者おるのわかっても同情を禁じ得ない。