Anteater

マンハントのAnteaterのレビュー・感想・評価

マンハント(2017年製作のドラマ)
4.0
アメリカに実在している連続爆破犯のテッド・カジンスキー、通称”ユナボマー”に迫った作品。
海外ドラマの犯罪ものやプロファイリングものが好きな人なら一度は聞いたことがある彼が、なぜ、どのように罪を犯したのかを彼を追うFBI捜査官の視点から描いている。
本当に文章から逮捕に至ったのかは知らないが、何気なく使った単語や言い回しから特定できてしまうという方法に驚いた。
昨日まで見ていたマインドハンターのレビューでも書いたが、捜査官が犯人に迫っていくにつれて自身の生活も崩れ始め、最後には彼らと同じような状況になってしまうのが見所。
テッドの育った環境や彼を裏切ってきた人々、なぜこれほどまでに社会に反感を抱くようになったのかも描かれているため、許されぬことをしたのは分かっていても、彼がこのようにならざるを得なかったのでは?と心のどこかで感じてしまう。
人とは何か、どうして犯罪を犯してしまうのかを深く知りたいと思う人は、一見の価値があるかも。
次シーズンでどのシリアルキラーが取り上げられるのか不謹慎だけど今から楽しみ。