あもすけ

マンハントのあもすけのネタバレレビュー・内容・結末

マンハント(2017年製作のドラマ)
4.0

このレビューはネタバレを含みます

犯人を割り出していく部分の緊張感や高揚感が凄い。主軸はまた別のところにもあって、時間軸を入れ替えながら犯人の思想とオーバーラップする場面場面に揺さぶられながらそれでも単純にハラハラさせられるし、音楽も強烈だった。犯人特定の鍵となる言語分析がとても興味をひかれた。犯罪とは関係なく文章の癖の面白さを意識させられた。

声明文と思想について、プロファイラーと犯人の一体一のやり取りから、プロファイラー側の体験としてそれを裏付けるようなエピソード、そして犯人の過去と、実際の事件を基にするこのドラマがどんな結末になるのか気になって、どんな描き方で何を突きつけるのかを知りたくて、最後の最後まで惹き付けられた。しっかり惹かれてしまったからこそ何にも依らない自分の言葉を見出さないといけなくなる。