シズヲ

岸辺露伴は動かないのシズヲのレビュー・感想・評価

岸辺露伴は動かない(2020年製作のドラマ)
4.5
岸辺露伴シリーズ、ひいては原典に当たるジョジョが持ち合わせている“アクの強さ”を絶妙な形で抽出した実写化。映画4部では美術関連でどうしてもコスプレ的な過剰さが拭い切れなかったけど、本作は“奇抜だけどギリギリ現実で押し通せるライン”のスタイリッシュなビジュアルへと落とし込んでいる。スタンドもあくまで“怪奇的な能力のひとつ”として描き、更にどこか仄暗さのある撮影や淡々とした演出によって現代怪奇モノとしての再構築が行われている。奇妙な現象は日常の裏側に潜み、時に誰かに害を与え、解決してもその根源が作中で詳細に語られることもない。いかにもホラー的な不条理性に荒木先生の原点とも言える作風を感じる。

淡々と喋る高橋一生の演技が実に秀逸で、奇人めいた表情も相俟って“実写版露伴”と納得させられる絶妙な胡散臭さに溢れていた。改めて実写で見ると「こいつ図々しいな……」「寄ってくるのも変人だらけだな……」と思わされて笑う。原作ではゲストキャラに過ぎなかった泉ちゃんを相棒ポジに据えたのも良い。“露伴相手に物怖じせず突っかかる明るい図々しさ”と“露伴が持ち合わせていない真っ当な社会性”が肉付けされてて、偏屈な露伴とのコンビ関係がきっちり成立してたのが楽しかった。この二人が漫才してるだけでも面白いからズルい。メインとなる二人のみならず、柴崎楓雅や森山未來などの脇役が見せる“ジョジョ的な雰囲気をドラマ向けに解釈した演技・風貌”も素晴らしい。森山未來の畳み掛けるような喋りなんかはもうジョジョの登場人物そのものだ(元ネタになった小説も荒木節のトレースが上手すぎた)。

同じく小林靖子氏が脚本を担当するアニメ版ジョジョでも秀逸だった“再解釈・再構築”が本作においても活きているのが強い。冒頭から泥棒絡みのオリジナルエピソードをぶっこむことで“岸辺露伴はどんな人間なのか”を極めて端的に描写していたのが面白い。原作の内容をよりスムーズに矛盾なく進めるための改変がきっちり機能していたし、特に3話の『D・N・A』は大幅な変更を加えながらも原作以上に纏まった着地点へと到達していたのが唸らされる。要するにビジュアルと世界観の落とし込み、原作の展開と設定を咀嚼した上での再構築が上手かった。また来年にでもやってほしいなあ。