mako

少年寅次郎スペシャルのmakoのレビュー・感想・評価

少年寅次郎スペシャル(2020年製作のドラマ)
4.0
本作も面白かったです。
ドラマの最後、寅次郎が家を出てから一年後の物語。

前編では、ビジネスの旅の途中、山形で初恋の人さとこ(森七菜)と出会う。

後編では、柴又に帰ってきた寅次郎。
帰り辛い寅次郎は留守中のくるまやに入り込む。母の遺影の横に父・平造(毎熊克哉)の遺影を見つけ亡くなったことを知る。おいちゃん(泉澤祐希)、おばちゃん(岸井ゆきの)、さくらが帰ってきて慌てて物置部屋に隠れる寅次郎。
隠れたまま思い出話を聞くことに。

前編より、後編の方が個人的に好きでした。やはり親子ものはいいな〜

母・光子(井上真央)が寅次郎を育てた理由とか、父・平造(毎熊克哉)の寅次郎への想いとか。グッときました😢

いいドラマでしたが、やはり全5話の「少年寅次郎」のドラマの方が断然面白かったです。

さくらを演じた子役の2人、どちらも可愛かったです。特に野澤しおりちゃんは大きくなったら倍賞千恵子さんになるような顔立ちで似てました。
寅次郎を演じた子役2人も渥美清さんに似てました。特に藤原颯音くんは愛嬌があって可愛らしい。
優しい母・光子役の井上真央さんが素敵でした。
父・平造役の毎熊克哉さんもよかったな。

【原作】山田洋次、【脚本】岡田恵和