ろびん

クイーンズ・ギャンビットのろびんのレビュー・感想・評価

クイーンズ・ギャンビット(2020年製作のドラマ)
4.0
★ネタバレあり
間違いなく良いドラマ
7話のなかでこんなにも上手にまとまっていて、最後まで飽きることなく観れた

天才少女の覚醒から苦難そして転落まで上手に描かれている

養母は良い母親とは言い難いが、彼女なりにベスを愛していて本当に良かった。

それにしてもベスは苦難が多すぎる。
それなのに涙一つ流さず、苦難があればあるほど自分を押し殺し、勝負師になる。

彼女がチェスにハマりまくったのは
天才で才能があったチェスが美学に感じただけではなく
やはりチェスというものに依存することで自分を確立していたんだろう。

作中、ベスはかなりいろんなものに依存していくので、彼女の生い立ちや性格から考えても依存せざるを得ない

それでも色んな人の力を借りながらも、彼女は最後自分で自分に勝つし自分で勝利を掴み取るこの姿は本当に感動した

最終話は泣きっぱなしで
孤児院でのシーンもジョリーンの存在の大きさも本当に感動した。

あの時代に女性が自分の才能でのし上がり、男性に勝っていくということは本当に凄いことなんだと思う。
作中でも女性の棋士はいるが男性と戦ったことはないと流れたりするから
そう思うと
最後のシーンは胸にくるものがある

Netflixありがとう